FC2ブログ
2019_01
27
(Sun)19:49

片手落ち

相対する物事や意見がある。AとBみたく。
Aを支持する、Bを支持する、どちらを選ぶも各人の勝手。
誰にもAを支持する自由があるのと同様に、Bを支持する自由もある。
そしてAを批判する自由があるように、Bを批判する自由がある。

所謂「Aを好きという自由があるなら、Aを嫌いという自由がある」というヤツだ。

でもそれは、好きと言う前にも/嫌いと言う前にも、
「自分と反対の主張をする者を貶めない、否定しない」
「好き/嫌いは、あくまでその物事や現象について語るものであり、反対意見者に対する誹謗の材料にしてはならない」
という前提を踏まえてこそ有効たり得る「自由」だ。
自由とは、いつでも自分と考えを異にする者のための自由だ。
――ローザ・ルクセンブルクが言っているように。

Aを好きでも嫌いでも勝手だ。Bも同様に。
自分がAを好きだからと言って、Bを好きな者・Aを嫌いな者に向かって
「Aを好きじゃないなんておかしい、Bが好きとかあり得ない」と謗るのは、
もう意見の主張なんかじゃなくて単なる誹謗だ。
それ以前に、好き嫌いの話でさえなくなってる。
好き嫌いはAやBに対して抱く意見であって、各々意見を述べる者への攻撃材料ではない。

また、好きと言うのは良くて、嫌いと言うのはダメと封じるのも理不尽だ。
AやBを嫌いというのが事実だとしても、それ即ちAやBを好きな者をも不快だとする主張には直結しない。
別の表現をするなら、AやBを嫌いだと主張するのなら
「AやBを好きな者が嫌いだという主張ではなく、またそれらを好きな者に攻撃する意図はない」
ことを前提にするべきだ。

相対するものがあるとどうしてもどちらかを選び、選ばなかった片方にも思うところが生じるけれど、
ならば片手落ちにならないようにしないと、一方的に言葉をぶつけるだけの争いになる。
スポンサーサイト
  • 記録
2019_01
03
(Thu)22:40

敵は

僕のような生き物を「マージナル」という言葉で表すことがあるらしい。
固有名詞ではなく、在り方として。

確かにあらゆる場所(主に社会や集団)から排斥されて、
個人的に且つ自発的に社会からログアウトした立場としては、
全てのものから距離を置き、周辺をふらふらと巡っている状態を
マージナルと呼ぶのもまるで的外れではない。

僕は身体だけが生きている。そういう存在として世界に認識される。
例えば日本の、東京の人口に数字「1」という形で。
けれど、誰の目にも映らない。誰の記憶にも居ない。
社会の、またあらゆる種類の集団にも所属していない。
だから世界にとって僕は「居ない者」だ。
世界のどんな眼にも、僕は認識されない。

そう、ここに矛盾がある
身体は存在している、けれど社会に認識されることはない。
誰にとっても居ない者であるはずなのに、姿だけが誰かの眼前に現れることは在り得る。
要するに、他者の目に映った僕は言わば亡霊のようなものだ。
居るはずがない者は、当然咎められ、その場を去るよう追い立てられる。
だから僕は周辺を彷徨うことしかできない。足を止めてはならない。
望むものを見つけるためには、休むことなく移動し続ける。
迂闊に場所や集団に近づいたり、ましてや内側に踏み込むことなどしてはならない。
内外の境界線を越えた途端、追われる立場だ。

油断するな、世界は敵だ。
僕の望むものは内側には無い。世界の外に在る。
  • 記録
2018_10
21
(Sun)00:20

無い光を見つけること

先日、歌舞伎町のロフトプラスワンで催されたトークライブを観覧してきた。

10月8日トークライブ

出版社『創』の企画で、2年前の相模原市障害者殺傷事件について語るという触れ込みであった。
ステージ上のコメンテイター(でいいのかな)たちが司会の意図を汲まないせいで
時間がだいぶ押したし、何より肝心のトークの舵取りが機能不全だったのは如何ともし難い。

様々な職業や社会的立場のコメンテイターが壇上にいたが、
全員が全員「植松氏の考え方は異常」で一致していることに正直目玉が飛び出そうだった。
香山リカ氏が「大人たちが束になってかかっているのに、彼を説得できない」と嘆いておられた。

そりゃそうだろ。

「お前は間違っている、異常だ。だから正しき者である我らがその考えを正してやる」

この出発点がそもそもおかしい。
植松氏じゃなくても「お前は間違ってる」を勝手に前提として話しかけて来るヤツに対して、
誰が「確かに自分は間違ってました」なんて説得されるだろうか?
そこに考えが至らない連中がいくら束になろうが、接見を繰り返そうが、進展など望めない。

僕の立場を思えば、何で植松氏の肩を持つようなこと言ってんだ?と思われそうだけど、
ちょっと待て待て

正しいとか間違ってるとか、異常とか普通とか。
その物差しで彼を、彼の思想を、行動=事件関連を、図ろうとすること自体が間違ってるんじゃないか。
別に僕は植松氏の思想に共感も賛同もしていない。
殺人が罪だということは変わらないし、彼もそこを理解しているからこそ出頭したし、現状も拘置状態なんだし。
でも、それら全ての可視化された物事とは関係なく、彼の思想を根幹までほじくるくらいに知りたい。
異常かどうかなんて僕が判断することじゃないし、前述のコメンテイターみたいに彼を説得したいわけでもない。
傲慢と謗られてもいいから、彼の言葉や思想に「付き合いたい」のだ。

異論反論その他、彼と言葉を尽くして向き合いたい。

植松氏はマスコミ各社宛てに、精力的なまでに自らの意見や思想を文書にして送付しているそうだ。
僕も、このトークライブ中に彼の筆になるアレコレを見聞きさせてもらった(もちろんほんの僅かなものだ)
……これは本当に僕のカンでしかないんだけど
彼は、「見つけてほしい」んじゃないのか?
自分の意見に賛同してくれる誰か、じゃなくて、意見を戦わせたいと望む誰かに。

だからマスコミに文書を送ったり、積極的に接見をしているんじゃなかろうか。
彼は自らの手が届く限界まで腕を伸ばして、信号を発している気がしてならない。
「見つけてほしい」という信号を。
  • 記録
2018_08
25
(Sat)18:37

誰も言わねえなら僕が言う

こんばんは、神様(的存在)が一刻も早く声かけしてくれないかとジリジリしている僕です
信じてもないくせに何言ってんだという自覚はあるので、そういう意味では神様すいません

もはやこの世界にいる理由が無いし、ここでどれだけ努力したところで自分が認められる可能性も無い
そもそもこの努力は、する価値や意味のあるものか。
――ない 
ありもしない「普通」になれと強いられて、近づこうとする努力を否定され、
「普通」に近づけないことを罵倒され嘲笑される
それが人生だって言うんなら、もう要らねえ、食傷通り越して吐き出したいレベルだ。

この世界じゃ、どう頑張っても自分が生きられる気がしないから、よそ行くわ
「よそに行く」選択の何が禁忌なのか、誰も納得いく説明をできないくせに、
安易に口出しするな。無責任な野次馬どもが。

漫然と、年月だけ重ねて生命活動することが「生きる」定義だった時代は20世紀で終わったんだ。

とは言え、実際「死ににくい」時代ではある。
昔より栄養状態がよくなって、医療も進み、難病を抱えてさえ命を繋げる時代だ。
僕自身、20代後半~30代前半は幾度となくODをやらかして救急車のお世話になったけれど、
(いちどは血液透析も間に合わず、医師から家族に覚悟をと告げられた事もあった)
でも、いまこうして生きているわけだ。
ひとは意外と自力では楽に死ねないことを、僕は身を以て知っている。

今ならあるいは、と思わんでもないが、どうしても頭によぎる一抹の懸念
(また失敗するんじゃないか?)
先述のように、失敗を重ねるほど難度はアップする。周囲の人間も警戒するから。
確実な手段なんて、100%が保証されるはずもない以上、どれも似たり寄ったりだ。

楽になりたい、とネットで発信する人に向けられる「じゃあ何で生きてるの?」
こゆこと言う人に僕は言いたい
「生きるのも死ぬのも大変なんだよ」




  • 記録
2018_06
10
(Sun)05:28

作為満載

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000009-mai-soci

昨夜からニュースを騒がせている、
東海道新幹線の小田原駅付近で発生した事件

次々と続報が流れてくるなか
見出しにどうしても嫌な感じしかしなかった

容疑者が自閉症と言う診断をされた事実と
事件の一連や詳細には
現時点で何も関係が無い
それが解っていてこの見出しにしたのだろうな

ゼロ年代あたりの少年事件にも
こぞって使われた見出しは

「加害者はアスペルガー症候群」

あの時も、あたかもアスペルガー=犯罪者予備軍とでも印象付けしたくてたまらなかったのか、
連日の報道にアスペルガーだ、自閉症だと
無責任に文字が使われた

職場を追われたアスペルガー当事者もいた、
少年事件と1ミリも関係無い人間なのに
同じ障害を持つというだけで
ちなみに、加害者少年の多くは
事件後の精神鑑定で診断されたに過ぎず
つまりは「始まりの障害など誰も知り得ない」
のだ

作為だな、と呆れてしまう
昨今の記者は見出しを作るに際して
特定の属性を持つ者を異端として炙り出すのが使命なのか?
正義(自称)のペンが、無関係の他者を刺すことに、
何の痛痒も無いのか
恥と感じることもないのか。
衆愚に媚びるだけのジャーナリズムか。


  • 記録