FC2ブログ
2019_02
22
(Fri)23:18

『天気予報を見ない派』―どうでもいい人

AFTER塩原JUNCTIONにて上演された3作品のうち、
やたら執拗に語ってしまうのが『天気予報を見ない派』である。
核心に触れさせようとしない、それでいて気にしている何かを知りたくて、
好奇心に抗えずに思わせぶりな言動で惑わせる。
そういうひとが、僕はイライラオブイライラなんだけど笑

関心を持っている誰かが居て、でも拒まれるのが怖いから踏み込めない。
ギリギリの距離を保ちながら、どうしても足が止まってしまう。
相手から踏み込んで来てくれたら楽なのに。
なんて勝手な願望をうっすら抱くくせに、自分自身は怯懦から目を背けている。

何だろね、アドラー先生じゃないけど”嫌われる勇気”が無さすぎるのはかえって自分を狭い場所へ追い込むだけだよ?
嫌われるという表現がキッツイからピンと来ないかも知れないけど、
他人から受容されない/意見が合わない/馬が合わない
…この程度の「他人からの拒否」なんざ、日常に溢れかえってる訳で。
大丈夫だよ、他人から拒否された「だけ」だ。否定はされてないから。
それに自覚してないだろうけど、誰かに関心を抱くことは、
つまるところ「どうでもいい人」のことを日常レベルで拒否しているんだよ?
嫌われる勇気も無いのに、どうでもいい人を無自覚に弾き出しているんだから、言い訳の余地ねえぞ。

…ここまで書いて思ってしまった「コレはいったい誰への言葉だ」
木下も祐介も、ひどく臆病で、相手に踏み込めない小心ぶりを、優しさのコーティングでごまかす。
踏み込んで、相手にも自分にも何かしらの痕跡が残せなきゃ、そもそも好きにも嫌いにもなれないのに。
本当に認められなかったのは、互いの臆病さではなくて、
実は「双方にとってどうでもいい相手だった」だとしたら、確かにそれはしんどいな。


スポンサーサイト
  • 演劇
2019_02
20
(Wed)22:31

いざさらば―『after塩原junction』

after塩原junction公式サイト
2月19日、イズモギャラリーにて。
アガリスクエンターテイメント(休団中)塩原俊之さんの単独興行『AFTER塩原JUNCTION』千秋楽観劇。
塩原さんというと、個人的印象として「アガリスクの長兄」「みんなのお兄ちゃん」感が強い。
干支が1周するくらい年齢差がある僕が塩原さんを「お兄ちゃん」と例えるのは変なんだけど。
例えば兄弟が「お兄ちゃん」にどれだけギリギリまで追い込まれても、困惑やら翻弄やらで振り回されても、
最後の最後は後ろに居てくれるだろうと感じるような、そういう確信を抱けるような。
つまり「後ろで見ててやるからちゃんと戦えよ」と声かけしてくれる「お兄ちゃん」。
言葉と理屈で断崖の縁ギリギリを攻めていくし、フットワーク軽いし
エクストリームとアルティメットを併せのみながら奔放に駆けていくけれど、
それはたぶん心の奥底に盤石たり得る部分が強く在るからだと思っている。
不安定なだけだったら、自由奔放に動くことなど叶わない。

――無論これは個人の勝手な想像に過ぎない。偶像を押しつける意図はないけどそう思われても仕方ない。
この記事がご本人の目に触れるか否かは知らないが、
直接申し上げることは無いのでご容赦頂けたらと、これまた勝手に願っている。

続きを読む »

  • 演劇
2019_01
27
(Sun)00:12

矛盾と葛藤を抱える

25日から恵比寿・エコー劇場で上演中の『わが家の最終的解決』再演。
1年経つんだなあ。
アガリスクの本公演を、もう2作観ていない。
コントレックスに至ってはいつから観てないのか分からない。
ネットでうっかり評判を見てしまい(どうせいつかは見つけてしまうけど)
わが家の…!!!!!主演がコータさんとか…!!!
その他全ての情報が、僕に劇場へ行けと言わんばかりだ。

行けないけど。行かないんだけど。
…本当に往生際悪すぎるし、未練が酷いよ、我ながら。
でも前言撤回できるわけもない。
自分がもう劇場や観劇という環境や状況に耐えられない以上、
観たいという願望だけで無理を押すのはただの迷惑行為だ。

上記ふたつの理由の背景には、
「二度と他人にかかわらない、接しない、僕は誰にとっても居ないんだから」
という鉄の掟がある。
物理的に視界に入らなければ、ギリギリセーフかな。
蟄居スタイルが日常として根付いてきた現状、
他人にかかわりを持つことは本気でタブーだから。

チケット代を出さない以上、いわゆる「客」の定義からは外れる。
物販や通販で台本などを購入することがあったとしても、
それらはそもそも劇場で公演を打つ、興行として成功を収めるという前提があるから
生じる団体の収入源だろう。
一時期「差し入れ持ってくるより新規の客連れて劇場に来い」という趣旨のツイートを見て、
正論だけどどうよソレは、ともやもやしていた。
この頃はもやもやしない。
「客」でなければならぬ、というルールから離脱すれば問題ないのだ。

金銭面で貢献しなきゃ、と思うから罪悪感に苛まれる。
自分ひとりのチケット代なんか、誰かががっつりカバーしてる。
ファン層だって不動じゃない。世代・客層の交代や入れ替えは当然ある。
「自分ひとりが観なくても大して変わんないでしょ、興行として」ではなくて、
「自分が観に行くのは迷惑行為だ」という確信がある。

…大丈夫だ、一過性の痛みだと思ってやり過ごせ
他人に近づく、それだけのことでも、ルール違反だ。

  • 演劇
2018_08
06
(Mon)17:12

わが家の最終的解決を今考える

2016年初演『わが家の最終的解決』DVDをちょくちょく見返す。
当時はぼんやりとしか見えていなかった、そこに強い嫌悪を覚えてはひとしきり批判的になった

だから見返すたびに苦いものがこみ上げてしまい、
アガリスク(作品、メンバー込み)を嫌いになってしまうんじゃないかと恐れて
「ならば何故嫌悪を抱くのか」を少しづつ言語化していった。

2019年に再演されるとのこと、観に行けるかどうかは明言できないし現時点では観に行く意思は無い
なので、以下はあくまで2016年初演についての個人的な考えであることをご留意願う

続きを読む »

  • 演劇
2018_06
18
(Mon)01:10

花鳥風月はバランサー説

昨日、浅草九劇での『ナイゲン』楽日
冨坂さんをはじめアガリスクメンバーがあちこち別動隊みたいに動いていたのも一段落?
ツイッターの外側から(アカウント不所持)ナイゲン関連の投稿をつまみ読む。

前回の記事ではどうしてもどさまわりにフォーカスが笑
いや、だって、高校時代にどさまわりに実際出会ってたら
間違いなく舎弟になってたはずだ。

どさまわりに共感/共鳴/のち心酔/からの粛清で落命←ここまで一連の流れ
…共産主義デスカ(ガクガク

どさまわりの主張が何でこんなにも異端視されてしまうのか、
他者の賛同を得られないのか
どさまわりを異端視してない(できない)僕なりに脳みそをひねった。

キーマンは、花鳥風月なのか。

1年前のナイゲン経験者として、花鳥風月の存在は大きい。
彼とどさまわりの最大の違いは、
花鳥風月が「勝つことよりも負けないこと」を重視していたことだ。

節電エコアクションという、学校から押しつけられた発表内容
押しつけられた、という事実は置いて
一般公開できないという「敗北」を喫するよりは
発表内容を改造して、やりたいものに変えることで
「学校からの押しつけを受け入れはしたが、全員参加の文化祭であることは死守した」
花鳥風月曰く「誰も損してない」。

どさまわりは、「負けないこと」が大事だなんて当然考えなかった。
自主自立を脅かすものには抗って且つ勝たねばならない、と。
でも、賛同して戦おうという者はいなかった。

花鳥風月は「学校の誰も、反対なんて望んでないんだ。みんなは文化祭がやりたいだけだ」
文化祭がやりたい―これが言わば民意だし、だとすればナイゲンメンバーのやるべきことは、
「文化祭を開催できるように全力を尽くすこと」。
学校と戦うことではない。
少なくとも、あの時点では。

何度でも言うけど、どさまわりの過ちは自分の主張を出す場を間違えたこと。
ナイゲンは文化祭の中身について話し合う場で、
その枠組たる文化祭の在り方について話し合う場ではない。
「在り方」の話をするのなら、生徒会に提議するなどの手段で
それこそ「国府台かくあるべし」を討論する場を作ればよかった。
…実際の国府台高校を全く知らないから、このあたりは憶測から導いた意見だけど。

  • 演劇