2015_09
24
(Thu)21:21

距離無しと都合のいいシェルター

他人と自分の距離感が判らないもしくは無いに等しい僕ですこんばんは。

全部が全部、ADHDのせいだとは思わないのだけど
そもそもの性質からしてそうなんだけど
他人と自分が「違う」ということを根本的に理解していない。
だから他人との距離の取り方、その人との関係によって変わるだろう車間距離的なもの
それが全くつかめない。
誰とでも同じ距離は保てないだろう(多分、健常者でも)
私には取るべき距離が判らない。
近づいてもダメ、遠ざかってもダメ
じゃあどうすればいいんだろうと、答えばかり探して、
まあ答えなんて人それぞれ生きてきた時間と経験で培うものなんだけど
いまだに正解には当たったことないし、むしろ自爆か地雷を踏んで
人間関係消滅させてる。

そして、壊れたもしくは失われたのだと、自覚した瞬間に
それをおもちゃみたいに捨てる。
子供が壊れたおもちゃを知らん顔して捨てるみたい。

それが潔さだと、執着しないことだと、
わたしは信じ込んでいる。
きっと惨めだからだろう。

わたしにはシェルターのように大事なひとがいて
1日にいちどは絶対その人を考える。
思い出や記憶をなぞって、
壊さずに済んだ大切なシェルターを、
(本当はそこには何もないのに)
空を切る手で抱く。

スポンサーサイト
  • 記録
2015_09
15
(Tue)20:29

出会った瞬間から僕らはさよならへ

人間関係はいっかいとことん破壊しないと次へ進まない僕ですこんばんは。

壊したい関係じゃなくて、大事にしたい関係ですら何かのひょうしに壊してしまう。
他人の気持ちや立場を理解できない自分なので、
そうやって信頼とか信用とかたとえ愛情であっても完膚なきまでに
壊し尽くす。

自分勝手、我が儘、自分のことしか考えてない。
他人からいつもそう思われて、じっさいそうなんだろうし、と、自分からも扉を閉ざす。

言い訳しても始まらないし、いったん壊れた信頼や愛情は、
絶対元の形になんて戻せないでしょう?
だったらその場所を離れてそのひとたちからも離れて、
全身の血液入れ替えるような心持ちで、
次の人間関係や居場所を探すしかない。

そうやって何十年も生きてるので、もうこれが行動指針みたいなもの。
でもそれは、けっして、私が何も感じてないとか何とも思わないとか、
そういう意味じゃない。

本当は大好きで、離れたくないし
できるだけ長く優しく過ごしていたい。
でもそれはどうしても叶わないことらしい。

私にできることは、出会った瞬間からスタートしている「さよなら」を、
どうやって上手く幕引きしようかと、日々考えながらその人たちと人間関係を作ることだけ。

ほんとうに、いちばんに、好きだったひととはやっぱりさよならした。
そのひとと直接に衝突したわけじゃなかったけれど、
私にとっては同じこと。
もう二度と会うことはかなわず
声も聞けず
お互いが風景にいない未来を、歩いていくだけ。
  • 記録