FC2ブログ
2015_10
26
(Mon)21:45

きみについて


皆が思うより繊細で、精神性は細やかで女性的。
本人の自覚以上にそれは表に見えていると思う。
その女性的な部分を上手く飼い慣らしきれてないがゆえに、
同じような性質―女性性の強めな―の持ち主のことを、
心から極力排除しようとする傾向があるように見受けられる。

(直で会える少ない機会に)接していて何とはなしに感じる
「拒絶ほどじゃないけど踏み込ませない」パーソナルエリアが他人よりも広い。
本人は努めてウェルカムを保ってるつもりだろうけど隠しきれない警戒心は、
たまに子供みたいに剥き出しになって手痛く延べた手を叩く。
叩かれるとちょっと驚いてしまう。
踏み込ませるかと思えば、いきなり跳ねのける。
そのアンバランスや危険を、こちらが酌んでバランス取ってあげないとむつかしいんだろう。
そして思う。
20歳そこそこで社会に出る覚悟をした者の持つ、頑なさに似た強さの発露。
未来を考えず跳べる心。

ついったから転載した、きみについてのひとりごと。
140字の連続で語るには言葉足らずではあるけれど
きみの中にある、踏み込ませないエリア
そのくせ他人のエリアには触れたがる
その都合良さと、我欲とのあいだにある気持ちが
たまらなく愛おしいと思う。

これを書いた晩 僕は赤坂にいて
きみの上司ふたりと遊んでて。
その時のことを思い出すたび、
「ああ、憑き物落としされたんだ」としか思えなくなる。

はしかのように浮かされて、ふわふわと落ち着かなかった気持ち
欲しくて、こっち見てよって叫びたくって仕方なかった
すっぱりとではないにしろ、「落ち着けよ、大人だろ」という囁きを耳に残された。

大人なんだから、本気でどうこうしようとかどうこうなろうとか
考える方がどうかしてる
きみの未来のために、きみ自身のために
そして最後は自分のために
きみのそばにそっと在れるように。

きみの友達でいようと思う。


スポンサーサイト
2015_10
18
(Sun)18:36

分別のあるなし

ひどい風邪をもらってしまって2日間も会社休んだ挙句に週末は布団蒸しだった僕ですこんばんは
皆さん、マスクは「うつさない」ためのアイテムですよ!
「うつされない」効果はあんまりないんですよ!

職場でサラウンド咳ワールドだったので全員末代まで呪いたい。

幸運にもインフルではなかったので明日から出勤しますよこんちくしょう
今週はできればI to Angelsを応援に行きたいので
頑張りますよ。

「頑張ろう」という原動力になるものを手にしているひとは多分幸福だと思います
ただそれは有限の力で、いつでも何にでも適用できる「頑張ろう」じゃない。
でも、全く持ってないよりは全然違うと思ってる。

一瞬でも目を離したら、次はもうない
まばたきひとつの次はもう、誰もいないことだって十分にある
そういう世界に生きているひとたちを応援するということは
結局自分も無傷にはなり得ないってこと。
卒業を見届け、昇格を見守り、誕生を待ち焦がれ
そうやって温めてきた想い
守るためには、結局傷を負わないではいられず
応援する側にはする側の傷が増えていく。
無論、応援される側にはされる側の傷があるはずで。
だから必死に瞬間をつかまえて、その一瞬の光を精一杯見つけてエールを送る。

マスターにできることなんて、そんなことでしかない。

無力と取るか、そういうものと割り切って応援するかは、人それぞれだけど。

――君が卒業するときが来たら
しょっちゅう考えては準備しようと思うことがある。
号泣する準備はできている、と言いたげに。

『無い光』のラストシーン
「それが、わたしの信号」
暗転。

ここにいると、見つけてほしくて光る、信号みたいな
そしたら僕は絶対に君を見つける。
君の発するサインを逃すようなら、
僕の気持ちなんてそんなものでしょう?
2015_10
12
(Mon)23:59

呼吸さえ自由にならない

基本的に「無趣味」と嘯きながら、
本当の趣味は自虐だとしか思えない僕ですこんばんは


いちいち人の言う言葉を真に受けすぎて、(受ける、ではない)
信じられないくらいの深読みをして
勝手に不幸のスパイラルに陥って
誰かしらを驚かせては迷惑かけまくる。

指先さえ触れない、目も合わせられないようなガチな照れが全身を支配して
伝えたいことの100分の1も伝えられず、また伝わるような物言いもできず
結果的にそのひとをドン引きさせている。

実は言われた
「ガチ照れじゃないですか」って。
解ってる、解ってるから指摘しないで、でも本当に悲しいくらい照れが回ってる
誰より優しく接したい、大事に思ってるよと伝えたいひとの目の前に居てなお
憎まれ口を超越した外道な物言いしかできないサイテーな自分
どうしたら、伝えられるんだろう。

いま、私の手許にある、そのひとから
貰ったミンティア(と、あえて書いておく)
大事なメッセージが書いてある
この言葉をもらっていい自分なのかさえ判断できない。

呼吸さえ自由にできなくって
胃痛と頭痛と咳と熱と
オイどんだけ恋煩いだよってツッコミさえつらい

2015_10
11
(Sun)18:10

盲目的にならないですむようにと

昨日は千葉県の五井グランドホテルにて
中川奈美さん&mo2のディナーライブでした。

電車という気分ではなかったので、
高速バスに乗って五井まで直で。
高速道路だいすきです。免許持ってないけどww
そしてこの視力ではもう免許取ることも無理w

五井はとっても寒くて、早すぎる到着とは知りつつも
即ホテルに電話して迎えに来てもらっちゃいました。ごめんなさーい!

ライブの内容は、mo2曲もちょりっと交えつつ
主役は奈美さんということで、懐メロという感じ
(私には懐かしいというよりとても好きな曲のオンパレードって感じ)。
セトリは…(´Д`;)えっと書き留めてる余裕全くなし!!!!
聞き入り過ぎて耳にしか記憶してない!!!!!

会場でmo2メンバーを見るなり、全員が共通して纏っていた雰囲気が
もう段違いで張り詰めていて、
心身ともに絞ったなあと。
のまくん痩せたろ?←
そもそも全員、もとからスレンダーではあったけど
身体より心を恐ろしく削ったのだろうと。
それを思うと、ステージで動き回る彼らを何故か恐ろしいものに感じて
直視するのにありったけの勇気が必要だった。

mo2のみんな、に、接して思うこと(直接顔を見て話すという意味)

どうか彼らが幸せでありますように
笑顔であれる瞬間をたくさん持てますように
そして、それを守れる自分でいられるように

最後のは、もちろん、おこがましいし傲慢だとも思う。
それでも守りたいし、
彼らが大事に思うものや守りたいもののために自分も必死になりたい。
たとえ彼らの視線の延長線上にさえ、自分がいないとしても、
誰に気づかれるでもなくっても。

でも、気をつけるべきは
そういう願いや目的があるのはいいとして
そのために盲目的になったり盲信するあまり視野狭窄にならないようにすること。
実際、それでいくつもの大切なものを壊し
大事だと思い、守ってきたつもりでいた人たちを無用に傷つけた。
そろそろそれから卒業しなければ。

可愛い子供たち(いや、もういい大人ですが…ふたりとも)
【左:岩田翔平くん】【右:野間智久くん】
チルドレン2

記念写真。アカネさんの真っ赤なドレスがキュート&セクシーで銀幕女優!
記念写真2

写真提供:とあるmo2マスター(ありがとうございます!)
2015_10
07
(Wed)23:43

ワカレノソナエ

煩悶というのはおもてに出ないからこそ重苦しいまま消えないのだと実感してる僕ですこんばんは

そろそろまた、次のお別れが来そうです
ただそれが何に対しての、誰への別れなのかがちょっと掴みきれてなくて
それに関しては結構動揺しています。

「もう何でもありだな」と言ったひとがいて
それは至言で、確かにな、と納得する以外の選択肢がなくて
でも「何でも」が、時に私への暴力というか試しみたいにしか感じられない時がある。

「こんなにひどいことされてるけど、でも、あなたが好き」
って言わせたいのかな?

でーぶいかよ!('∀`)

なりふり構わず飛び込んで
好きですって言えるんなら、多分そっちのほうが楽だ。
そういうやんちゃをするには、もう歳をとりすぎてる。
BBAが何恥じらいもなくホレタハレタなんて話をしてるんだ?

…と、思うのですよ。

  • 記録
2015_10
04
(Sun)23:17

シェルターってほんとに好きな人?

死ぬまで忘れられない人というものはいるんだと痛感している僕ですこんばんは。

前回シェルターの話をしたかな、と思いつつ
そういう存在は居て、そしてきっと忘れようたって忘れるのは至難の業なんだろうなと。

だってもう二度と会う可能性はないし、もし万が一会ったとして
何が生まれる訳でなく、終わりもしないだろうし、
だからいつまでたっても自分のなかでは決着つかない。

その点
現時点ですっごく好きなひとが出来て
その人のために何ができるかと思うけど、
何にもできなくて、むしろ好きであることが向こうにとっては困ったことになるとしたら
諸々潔く捨てられるとしても
相手の負担にしかなれないのなら
「好きです」の一言でも伝えてはいけない気がしてる。

ぼかしても、言えない。
たとえ携帯メールや電話が繋がってても、
わたしは言わないのだ。
私にとって恋愛というのは
「好きになって、言えないまま、ある日何らかのきっかけで終わる」
そこまで全てシナリオを書いた上で、
途中経過さえ楽しむことなく
いつ「エンド」ボタンを押そうかと思案している
そういう方程式。

  • 記録