FC2ブログ
2015_10
04
(Sun)23:17

シェルターってほんとに好きな人?

死ぬまで忘れられない人というものはいるんだと痛感している僕ですこんばんは。

前回シェルターの話をしたかな、と思いつつ
そういう存在は居て、そしてきっと忘れようたって忘れるのは至難の業なんだろうなと。

だってもう二度と会う可能性はないし、もし万が一会ったとして
何が生まれる訳でなく、終わりもしないだろうし、
だからいつまでたっても自分のなかでは決着つかない。

その点
現時点ですっごく好きなひとが出来て
その人のために何ができるかと思うけど、
何にもできなくて、むしろ好きであることが向こうにとっては困ったことになるとしたら
諸々潔く捨てられるとしても
相手の負担にしかなれないのなら
「好きです」の一言でも伝えてはいけない気がしてる。

ぼかしても、言えない。
たとえ携帯メールや電話が繋がってても、
わたしは言わないのだ。
私にとって恋愛というのは
「好きになって、言えないまま、ある日何らかのきっかけで終わる」
そこまで全てシナリオを書いた上で、
途中経過さえ楽しむことなく
いつ「エンド」ボタンを押そうかと思案している
そういう方程式。

スポンサーサイト



  • 記録