FC2ブログ
2016_07
28
(Thu)21:50

消えることない感情を認めることから

引き続き相模原市の障害者施設での話。

差別感情というものは
そもそもなくならない。

続きを読む »

スポンサーサイト
2016_07
26
(Tue)20:55

「悪いのは」

朝、アラーム止めようと手にしたスマホで見てしまったニュース

「相模原市の障害者施設で」

僕は貝になってる。

続きを読む »

2016_07
17
(Sun)17:16

ノー・エクスキューズ

自分の外側を認識する方法が違う
物事や知識を習得する方法も独自

僕が浮世のあれやこれやを片付けたり対応したり
生活スタイルや習慣を会得する過程を観察しているひとがいるとしたら、

「けったいな…」「何故そんな遠回りを?」
「うわ~見てられない!危なっかしい!」

なんてふうに、内心呆れて或いはハラハラしながらなんだろうな。

見てるだけで心臓の休まらない人間でゴメンナサイヨー

続きを読む »

  • 記録
2016_07
13
(Wed)23:36

お伽の棺をつくる

9月に臓物擬人化癒し系アイドルmo2の4周年ワンマンライブ
もはや誰のためなのか判らない自粛を放棄して
即座に全公演予約済み。

よく小説や映画で
余命○○ヶ月と宣告された主人公のその後の…なんて
題材が使われたりするけれど、
余命なんて知っていようが知らなかろうが
いつかは誰もが神様に呼ばれていくもので
(神様の種類は不問)

続きを読む »

2016_07
08
(Fri)12:21

愛を伝えたいなら無視してもいいモノ

人間が複数集まれば どうしたって穏やかになれない関係性しか築けないひとも出現する。
でもそのひとは別に悪くない
私にとってはストレッサーであるかもしれないが
他の誰かにとってはだいじで魅力あふれるひとなのだ
私とそのひとが、互いを思いあったところで、幸せになれないというだけのこと

両思いの関係性を築ける相手のほうが、世界には少ない。
当たり前だ。
世界中とかデカイ単位でなくても、東京とか学校内とか限定しても、
その法則は働いている。

両思いになれないとしても、互いにその自覚があっても、
事情があって生活や活動をともにする可能性はゼロにならないこともある
できることがあるとしたら、必要以上の接近をしないこと
互いの言動にいちいち神経尖らせずに済むように、
「見ない」こと。

見ないだけだとさすがに疲れてしまうから
(見ない、という行動自体を無自覚にできるようになるのは多分至難の業)
愛してる、だいじに思っている対象があるのなら
誰の顔色伺うことなく、思いのたけを伝えればいい

愛情の対象じたいに迷惑がかからない範囲で、
なんて言うと、真面目で繊細なひとは大体において
(自分は相手を好きで、大切に思うけど、相手にはどう思われてる?
嫌われてないまでも、迷惑がられてない?)
って悩んでしまうから、そういう真面目で繊細なひとにあらかじめ伝えたい

あなたの好きなひとは
他者からの愛情表現や応援の思いを無下にするようなひとじゃないでしょ!
あなたもまた、そんなひとだと解ってて好きになんてならないでしょ!
つまりはそういう事だ

笑顔や歌声やお芝居、あらゆる表現方法で
あなたに温かな気持ちを贈ってくれている
それが本当は解ってるから
あなたはそのひとたちが好きなんでしょ?

ここまで来たらもう解ってるはず
あなたがすることは
愛を伝えるためには無視してもいいモノがある
愛を伝えるというのは、雑音を無視する勇気を発揮する延長線上のアクション