2018_04
29
(Sun)00:50

妥結は賢明だが

ネット上には多数のブログがあって、発達障害の当事者によるものも多い
20世紀末に散見された所謂「闘病記」的な、
言ってしまえば日記の体裁をとるものは減った
ぐっと増えているのは、日記を超越した「自分の経験から生まれた生活術のまとめ記事」

Webライターとして精力的に啓発・ライフハック等の具体的な情報を発信し、
SNSやツイッター等では他の当事者と情報交換したり、同業の士としてリアルな交流を
展開していたりもする。
同じ発達勢なのに、あの行動力や積極性は真似できる気がしない。

彼らの書く記事は有用だし、文章構成も分かりやすく、つまり読みやすい
何よりも、彼らの綴る文章からは、明確に「この社会で生きていく」意志が伝わってくる。
決定的な差異はそこだ。

窮屈でめんどくさく、己の特性を理解されないしんどさや余計な手間だらけのこの社会で、
彼らは「でも、生きていく」と決めているのだ。
翻って僕は、
「この社会は生きる価値が無い」と結論が出ている。
じゃあ何で生きてるのか、と問われれば
「自分で死ぬのももはや面倒」だからだ。

過去に×回くらい(もう回数も忘れた)試した当事者としては、
「自分で死ぬのは意外と大変」と身に染みて知っている。
回数が増えるほど、当然ながら大変さのハードルも上がる。

あと、ヤッカミと思われるのを覚悟で言うが、
ブロガー発達勢の皆さんは、総じて
「物分かりがいい」
「何だかんだ言っても、社会に適応できている」
「社会や健常者と妥結の道を探す努力を惜しまない」

つまり、折り合えるんだよな。
自分たちの特性や困りごとを理解しない、配慮しない、隙あらば排斥しようとする社会と。
妥結は確かに、生きる上では賢明かつ現実的な手法だけど、
僕はそういうのを見るたびに内心
(そんなに健常者と折り合えるくらい、物分かりがいいと言うのもなー)
(いま生きるための妥結は確かに賢明だけど、結果的に根本的解決を遠ざける気がする)
と忸怩たるものがある。


スポンサーサイト
2018_04
26
(Thu)22:23

世界との境界線

引きこもりライフ、2年目。
他人と会わず、ネットでも他者と接することをやめた
外出するのは月イチの通院ていど、コンビニすら行かない日々
まさしく「社会からログアウト」状態。

誰の視界にも僕は居ない。外に出ないんだから当たり前だ。
誰とも僕はつながっていない。モバイルやPCに、他人の連絡先は入っていない。
もちろん、誰かから連絡が来ることもない。

他者の介入がほぼ無い日常は、まあまあ緩やかだ
僕にとっての「社会」は、ずっと前からそうだったように、
窓の外に展開される「触れられない世界」だ。

例えばTVを観ながら相槌打ったり突っ込んだりしたところで、誰にも届かない。
相手からの反応などあるわけがない。
僕が日々見ている「世界」は、TVみたいなものだ
介入できない、関われない、声が届かない、存在を認識されない。

目に見えない境界線がある
「世界」に関わろうと一歩踏み込めば、即座に拒絶される。


2018_04
23
(Mon)02:28

原理主義者でいたい

アガリスクの作品を挙げるなら即座に
『ナイゲン』というファンも多かろう
僕もそうだ

数多の他団体でも上演される本作品
今度は何と、冨坂さん演出で再度立ち上がるようで
一部キャストに現アガリスクメンバーが出演の報に驚いている

どさまわりを、熊谷有芳さんが演じるそうで
そういえば女性がどさまわりを演じた例はないんじゃないかな
要は思想狂犬と言うことか
(ご本人の為人とは無関係です)

僕は、それでも己の中にあるどさまわりを覆せない
塩原さんが演じないどさまわりなら、他の誰がやっても同じだ。

決して、他の人は嫌ではない(全国にたくさんのどさまわりがいらっしゃる事を嬉しく思う)
性別に縛られることもないと思う
まして、塩原さんにまた演じることを求めはしない。

どう考えたってしんどい役だ
やる能力が有ることと、やりたい意欲があるかは、別だ。
ありがちな『再演希望、オリジナルキャストで!』みたいな希望は全くない。
僕のなかで、新宿FACEで観たものが全てだった。
あそこで、塩原俊之の『どさまわり』は自分自身を刺した思想から、卒業して行ったはずだから。

それらを踏まえて、敢えて言う
塩原俊之さんのどさまわりでないのなら、
誰が演じようが同じことだ

この場合、原理主義者は僕だろう
どさまわり原理主義者とでも言おうか。

そもそも本番どころか稽古すら始まってないだろうに、ケチつけるのかという批判はもちろん受け止める。
でも、ごめんなさい
ここは譲れない。
(アレ、これどさまわりの台詞にあったな)























  • 記録
2018_04
14
(Sat)00:07

新卒・発達勢に

あっという間に桜も咲き散って、あっけなく去っていった
昔は連休明けの「五月病」なんて言われたものだけど、
このごろは最早「入社日にダメになる」感じかな
個人的見解としては、
「撤退と進路変更は早いほど吉」

(あれ?この場所は合ってないんじゃね?)(ここはやばくね?)
その感覚は信じていい、あなたの人生はあなたにしか制御できないのだから
他人が何を言おうが撤退も進路変更も全くOK、
他人はあなたの人生の舵取りなんざしないクセに
口出しといちゃもんだけはせずにいられない
そーゆー無責任かつ言いたいだけの戯言に耳使わなくっていいぞ!

「でも、新人だし、努力すればついていけるんじゃないか?」
「ここで頑張って踏みこたえないとダメ人間呼ばわりされるんじゃないか?」
努力、忍耐、頑張り。
うん、むろんどれも素晴らしいことだけど
努力や忍耐を発動させるだけの価値が、その場所にはあるのか?
あなたを心身蝕むような、摩耗させてしまうような
そんな場所や人間のために、あなたの大事な力を使っていいのか?

そして、彼らやその場所は、あなたのそういう努力を
真っ当に評価し、認め、ねぎらい、何らかの形で報いてくれるのか?

―少しでも疑念が生じたならば、立ち止まるチャンスだ
あなたの人生でありあなたの心身だからこそ
あなたの努力や忍耐を踏みにじったり、貶めたり、嘲笑するような
そんな連中のためになんか、
無駄遣いしてはいけない
奴らは、あなたの努力に感謝やねぎらいなど示さない。
あなたが献身するほどに、更につけあがってあなたから努力の産物を搾取し、
ゴミ箱に捨てるだろう。

不要な我慢なんてもっての外だぞ
「これはダメだ」と確信したら、即座に次のアクションを起こそう。






  • 記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。