FC2ブログ
2018_05
26
(Sat)22:08

望まないものを押しつける商売

5月の初記事がコレと気づいてびっくり
連休明けからずっと風邪が続いてて、たかが風邪をここまで引きずる自分にびっくり

確実に体力減衰が加速している。

先日の診察で、久しく近づかずに居た「カウンセリング」をやってみることにした。

医師とは別に、カウンセラーによる問題の洗い出しと整理整頓を試みようという次第
ここ数か月、診察だけではどうにも行き詰まっている感じがもやもやしてて、
僕は、自分自身ではできない大量の情報整理をする必要を自覚した。

若いころ、幾人かのカウンセラーと対話療法をしていたが、
どの人とも上手くいかなかった。
彼女らの得意とする(のか?)『傾聴かつ共感』と『一定間隔で繰り出される謎の相槌』
上記2つにどうしてもなじめなかったし、説明不能な気持ち悪さしか伝わってこなかった。

何より嫌悪をもよおしたのが「女性ならではの細やかな心使い」を全力でゴリ押ししてくるところ。

オンナのそーゆーとこ推す態度が、宇宙級に嫌いだ。
湿度高すぎ&距離近すぎ、オンナ香水臭でメンタルが腐れていく
同性だからって無遠慮に手を握ってきたりするの、マジ穢れる心持

これらの経験を経て、僕はカウンセラーという職業に果てしもなく疑念を抱くようになった。
まさに「望まないものをさも有難げに押しつける商売」だと、自分のなかで結論づけた。

…今になって突如、宗旨替えかと。
自分でも他に方法とかないんかい、と突っ込んではみたものの
言わば医師―患者のなかに第三者を介入させるとするなら、
…まあ、まー、??カウンセラーか…??

選択肢も見つけられず、先日第1回目の面談終了
1回で有り無しを決めてしまうのはいささか急ぎすぎだとは思うが、
現時点で、感想としては「曇り」感である。
スポンサーサイト