FC2ブログ
2018_10
21
(Sun)00:20

無い光を見つけること

先日、歌舞伎町のロフトプラスワンで催されたトークライブを観覧してきた。

10月8日トークライブ

出版社『創』の企画で、2年前の相模原市障害者殺傷事件について語るという触れ込みであった。
ステージ上のコメンテイター(でいいのかな)たちが司会の意図を汲まないせいで
時間がだいぶ押したし、何より肝心のトークの舵取りが機能不全だったのは如何ともし難い。

様々な職業や社会的立場のコメンテイターが壇上にいたが、
全員が全員「植松氏の考え方は異常」で一致していることに正直目玉が飛び出そうだった。
香山リカ氏が「大人たちが束になってかかっているのに、彼を説得できない」と嘆いておられた。

そりゃそうだろ。

「お前は間違っている、異常だ。だから正しき者である我らがその考えを正してやる」

この出発点がそもそもおかしい。
植松氏じゃなくても「お前は間違ってる」を勝手に前提として話しかけて来るヤツに対して、
誰が「確かに自分は間違ってました」なんて説得されるだろうか?
そこに考えが至らない連中がいくら束になろうが、接見を繰り返そうが、進展など望めない。

僕の立場を思えば、何で植松氏の肩を持つようなこと言ってんだ?と思われそうだけど、
ちょっと待て待て

正しいとか間違ってるとか、異常とか普通とか。
その物差しで彼を、彼の思想を、行動=事件関連を、図ろうとすること自体が間違ってるんじゃないか。
別に僕は植松氏の思想に共感も賛同もしていない。
殺人が罪だということは変わらないし、彼もそこを理解しているからこそ出頭したし、現状も拘置状態なんだし。
でも、それら全ての可視化された物事とは関係なく、彼の思想を根幹までほじくるくらいに知りたい。
異常かどうかなんて僕が判断することじゃないし、前述のコメンテイターみたいに彼を説得したいわけでもない。
傲慢と謗られてもいいから、彼の言葉や思想に「付き合いたい」のだ。

異論反論その他、彼と言葉を尽くして向き合いたい。

植松氏はマスコミ各社宛てに、精力的なまでに自らの意見や思想を文書にして送付しているそうだ。
僕も、このトークライブ中に彼の筆になるアレコレを見聞きさせてもらった(もちろんほんの僅かなものだ)
……これは本当に僕のカンでしかないんだけど
彼は、「見つけてほしい」んじゃないのか?
自分の意見に賛同してくれる誰か、じゃなくて、意見を戦わせたいと望む誰かに。

だからマスコミに文書を送ったり、積極的に接見をしているんじゃなかろうか。
彼は自らの手が届く限界まで腕を伸ばして、信号を発している気がしてならない。
「見つけてほしい」という信号を。
スポンサーサイト



  • 記録