FC2ブログ
2019_03
14
(Thu)21:48

未提出の書類

「災害時要配慮者」名簿作成は9割超も…課題山積

僕の手許にも、上述のような「災害時要支援者」に関する書類がある。
名簿への掲載とは別に、避難支援計画の策定も踏まえたものだ。
でも僕は、提出締切日をだいぶ過ぎたことを知りながらも出さないままだ。
理由は簡潔で、「支援者」を指定できないこと。
自治体の本音で言えば、当然該当者の近隣にいる人を指定して欲しいだろうし、
それは要支援者にとってもそうだろう。
遠方の人をわざわざ指定するメリットを感じないし、相手も困惑する気がする。

僕の話をすると、「支援者」は居ない。
家族友人知人アレコレ、全て居ない。全国探しても居ない。
その点は特筆するまでもない、むしろ通常なので、
書類の肝心なところを埋められない以上、出すのは無理というだけだ。

また、避難支援計画の策定を単独で取り上げた場合も、僕には無理だ。
僕には、避難所へ行くという考えが無いのだ。
要支援者として自治体に情報登録をすれば、福祉避難所へ誘導して貰えるのかも知れないが
実際問題、いざ災害が発生したら混乱の渦中にある人々の中で、
スムーズな誘導などの対応を期待するのもダメだろうと個人的に思っている。
そうなると必然的に一般の避難所へ行くのがファーストチョイスなんだろうが、
………

無 理 だ !

つい赤い文字とかボールドとかかけちゃったけど笑
無理だ!真面目に、無理だ!
まず問題点を。
・外見でどこか不具合がある感じじゃない→中身がすげえポンコツキング
・高齢じゃないなら避難所で少しは役に立てよ→行動もすげえポンコツキング
・非常時の共同生活に耐える能力→非常時とか無関係に全て不能

あまり深刻ぶってもしょうがないという自制からついつい面白おかしく表現しちゃうけど。
こーゆーヤツが避難所に居ることは、ただでさえ非常時の不安定な状況に対して
更にメンドくささや不協和音を齎すことになるんだよ。
現に熊本震災の際には、自閉症のお子さんを持つ家族が避難所に行かず車上生活していたというニュースがあった。
子供でさえ「パニックを起こしたら周囲に迷惑をかける」という判断をされる。しかも、家族自身に。
避難所に行く手前でそのような判断をさせられる現状がある。
まして僕はいい年の大人だ。子供なら仕方ない、という言説は通用するが、大人にはそんなモン無い。

――どのみち居られない場所なのだから、僕は大人である以上『自らの意思で避難しない』を選ぶ。

あとね、避難を要するような大規模災害が発生するなんて、所謂「俺得」なんだよ。
向こう側へ飛べるチャンスだろそんなの。
今度こそしくじるなよ(cv神谷浩史)

スポンサーサイト