FC2ブログ
2019_04
03
(Wed)20:46

ロングフルライフ

生まれてきたこと自体が損害である

障害を負って生まれたこと、望まれない者として生を享けたこと。
生まれてきたことが罪だと裁かれたこと。
罰として「望まれない者」の人生を強制的に負わされること。

僕にとって、まさに生まれてきたこと自体が損害だ。
ロングフルライフ――生まれてこないほうがよかった、と自ら断じる人生が、
地獄以外の何だと言うのだろう。

両親ときょうだいが居る。居た気がするが、彼らにとって僕は居ない存在だ。
僕にとっても同様に。
家を出るまで、僕は家族から毎日ぼろ雑巾みたいに扱われた。
育てづらい子供であることが、親の怒りや苛立ちを日々全身に食らう理由になった。
姉から見た僕は、甘やかされる我儘なガキでしかなく、長女ゆえの制約の報復を僕が引き受けさせられた。

家を出て20年近く経つ。
姉には社会人になったばかりの2人の娘が居るが、2人ともだいぶ歪な精神構造だ。
まあ、あの暴君(=姉)に支配された家庭で育てばさもありなんという感じだ。
家族のなかで起こってしまった「負の遺産の継承」が、僕の存在をまたしても「損害」だと糾弾して来る。
どう足掻いても逃げようもなく「ロングフルライフ」の自分。

僕は3年前に発達障害の診断を受けた。成人を2回迎えて、少しばかり過ぎたところで。
これが意味するところは何なのか。
両親は僕の障害について全く医療機関やその他相談機関に照会しなかった。
知ってか知らずか。
いずれにしろ言えることは、「何も手を打たなかった」ことだ。
何なら僕自身にすら、隠し通そうとしていた可能性がある。
彼らは僕を育てたとは言えない。「死なせなかった」だけだ。

姉は僕より2歳上で、生まれながらの暴君だった。
世の中全てに不満しかなくて、常に苛立ちや怒りで心を煮え返らせては感情を爆弾みたいに投下していた。
主な被弾者は僕で、姉が結婚して子供をもうけてからは、標的が変わっていった。
僕から子供たちへの標的変更は、けれど本質的には「立場の弱い者」と言う意味では変わらなかった。

先日、唐突に連絡が来た。姉の子供2人のうち1人が、発達障害の診断を貰ったとのことだ。
僕は(ですよねー)という静かな納得と、(同じ過ちを繰り返してるんじゃねえよ)と言うやるせなさにふらついた。
それまで全く伝えていなかった自分の障害について、親にメールで告げた。
「俺もASDとADHDだ」
親からのメールには、そのことに触れた文言は無かった。

ですよねー。親ってそういうモンですよねー。
孫が発達障害だと診断されて、それまでの姉夫婦一家との経緯こそあるにせよ、
僕の両親は、子供である僕らへの救済も償いも無視して、孫のフォローをすることで全てを帳消しにしようとしている。

――コレはアレだ、「生まれてきたことが間違い」だから「救済も償いも無くて当然」で、
望まれない者として生まれてきた僕の「自己責任」だという判断でよろしいか?

スポンサーサイト