FC2ブログ
2019_06
30
(Sun)22:56

罰よりも重い荷を課す

6月末、台風が九州あたりで暴れているのを知りながら、津久井やまゆり園に行ってきた。
今回で3回目、ついにバスでなくタクシーを使うことになってしまった。
日祝のバスがそうそう頻繁に運行する訳もないのは承知の助、とは言え相変わらず遠い。
相模・津久井という湖、ダム、甲州街道沿いの宿場町(小原本陣)という地理上の特性もあって、
やまゆり園への道は1本しかない。当然周囲の住宅街も沢に架かる橋や道で市街地と繋がる。

来月7月は相模大野で追悼式があるし、やまゆり園前にも献花台が作られる。
ご遺族や関係者が多く集うであろう状況を考えると、ちょっと僕は引っ込んでようかなと。
――ある意味、部外者だからな。

花を捧げ、手を合わせ祈る人々。
ここ数か月、各地で起きた事故や事件現場でも見られた光景だ。
僕は花も祈りも捧げない。無論、理由がある。
花を捧げて死者を悼む気持ちを、否定する意図はない。
けれど、そもそも”花を捧げる、祈る、死者を悼む”という光景は、誰も望んでいなかったはずの未来だ。
死者には本来「生きている未来」があったはずで、彼らが欲するものは花や祈りではないはずで。
とりわけ、やまゆり園の件に関して言うならば、
彼らに花を手向けるより前に、「人間として当たり前の人生」を叶えるのが先だったはずなのに、
彼らが単独で移動するのが困難な山奥に集団で押し込めて、多様な世界や人々の存在も教えなかった。
結果として、彼らの命すら僕らは守れなかった。
どの面下げて死者に「守れなくてごめんなさい」なんて言える?
花や祈りを捧げてスッキリしたいのは、生きている者の勝手な都合じゃないのか?

やまゆり園で19人を手にかけたのは、もちろん植松氏だ。
彼の思想の中身はさておき、殺人については厳然と裁かれるだけの話だ。
巷では死刑一択という評が優勢で、当人も大体そうだろうとは予想しながらも「死にたくはない」と述べているようだ。
ブレねえな、あいつ(個人の感想

…死刑一択は、果たして妥当な予測なのか、それとも国民感情としての願望なのか。
死刑に処してしまえば全て終わると信じた過ぎる連中よ、
植松氏の命=被害者19人の命
という不思議な等号を認めるってことでOKか?

罪を犯した者に罰を課す。
ペナルティがあることを知れば追随する、模倣する者を抑止することが可能になる。
犯罪抑止において、もはや個人のモラルだけに100%期待することは無理である以上、
当然ルールやペナルティが必要になる。
それが上述の「罪には罰を」だが、罰の内容を罰であると認識しない者にとってはまるで無意味だ。
植松氏は死を積極的に望む訳ではないにしろ、仮に彼を死刑に処した場合、
命ひとつで彼は償う義務から解放されることになる。
――償わなくていいんなら、こんな楽なことは無い。
彼ならば、その結論を採るのではないだろうか。

罪に対するペナルティをこなして完遂することは、実はとても楽だ。
だって「ゴール」が明確だから。
けれど「償い」は、えげつないくらいに重い荷だ。
何故なら「償い」は、償う対象に認められてはじめて終了の笛が鳴る課題だからだ。
どれだけ努力や苦心を重ねても、受け手が「それじゃない」と拒めばそれまでだ。
何なら死刑よりも重い苦難の道であろう。
償うという行為は、結局は相手と心の底まで掘りつくす勢いで向き合うということだ。
相手と罪とに向き合う時間と、思考のたどる道こそが、罪を犯した者の救済につながる気がする。
スポンサーサイト



  • 記録
2019_06
20
(Thu)20:25

何もないことに希望がある

このビン底でもそもそと記録し続けている僕の言葉を、外部に発する意思は無いのかとうっすら聞かれた。
厳密なことを言えばココも一応「外部」なんだけど、無論そういうことじゃないんだろう。
イマドキどういう方法で外部発信するのか、あまりピンと来ないけど。
活字がゴミ扱いされる時代に、ツイッターの140字も読解できない群衆に、文章が必要か?
…とすら思えてしまうんだよな。
実際、うっすら聞いてきた方にもお答えしたが、そもそも僕の言葉なんざ「与太」である。
みんな一緒が正義の「普通の人」からしたら、どこまで行っても頭おかしい野良ロボの与太語りでしかない。
そしてそれでいいと、僕は思っている。

この世界の誰にも伝わらない、解らない、近づくことができない僕だけの文法。
文法だけにとどまらず、僕が持つもの全てと僕自身を世界から遠ざける。
ひとりでいる状況、ひとりであること。縋らずにひとりで立っていること。
それこそが僕にとっては希望だ。

孤独や孤立に耐えられない人からしたら、まさに頭おかしい所業だけど(笑
望みがない、頼れるものもない、自分以外の何物も摑めない、ただひとり。
他人にとっては絶望だろうが、僕にとってはそれこそが安寧と希望で、そこに立つ自分を誇れる。

大体、僕は警世の士なんて演じるのもごめんだし、僕の言葉に世を憂う文言なんてカケラも無い以上、
発信する意味が無い。
どうしても表に出すって言うんなら、せいぜい与太とかエンターテイメント枠で(笑
勿論、その枠があっても出しませんw
  • 記録
2019_06
17
(Mon)19:57

『安楽死を遂げるまで』雑感

宮下洋一氏著『安楽死を遂げるまで』を読んだ。
実際に読んだのはもう少し前の話だが、次著もあわせて読もうと思っていたタイミングで
ドキュメンタリー番組が放映された(TV無いから未視聴)のも手伝って、
改めて感想など綴ってみようと珍しく。

ご本人はこんなビン底までエゴサするほど暇じゃなかろうから、
オブラートに包んだ表現などいたしません笑
…俺にオブラートとか歯に衣着せるとか、求めちゃだめだぜ

続きを読む »

  • 記録
2019_06
12
(Wed)21:55

見つけた途端に落ちた

さてと、前回の予告をちゃんと履行しようか(頑張ってる感すげえ

普段の記事がどれをとっても隠遁感があふれているもんだから、
今回のような記事を書こうだなんて一体どうしたんだ、と己にノンストップツッコミ。
世界の外をふらついているくせに、偶然内側で目に留めた人物に好奇心を持って行かれたなんて。

無論、あくまで外にいる者が見とれているということだ。
決して何も分からないし届けることもない、博物館でガラスに守られた展示物を見つめるに似た距離感だ。
誰より自分自身に強く牽制する「思い違いするな」。

キッカケは『進撃の巨人』で、マンガを全く読まなくなっていたにもかかわらずコレには飛びついた。
流れでラジオを知り、更にいろんな繋がりをたどり、最終的にDABAを知った結果、

間島淳司さんにすこーんと落っこちた

うん解るよ、進撃に出演しているのは小野大輔さんだよ知ってるよ
そっからのDABAで、サクラ大戦関係からの菅沼久義さんで、ってな感じで芋づる引っ張り続けて、
驚くべきことに出演作品をどれも見聞きしていなかった間島さんにってヤツだよ

どういうことだよ!俺がいちばんびっくりだよ!!笑

言い訳すると、僕が全くゲームに触れない生き物であることが間島さん出演作を知らないことに拍車をかけたとも言えるのだが、
遅まきながらネットの力を借りて間島さん情報をガンガンボーリングして、ひっくり返しての繰り返し。

そして忘れてならないのは、ブログ「マジP!」。
10年間きっかり綴られた、膨大で緻密な思考の軌跡。
芸事に携わる社会人として、これだけのものを書き記したひとはあまり居ない、いや稀有だろう。
20世紀なら、ここまで書ける力があれば書籍化していただろうから。
現代は諸々あって紙媒体が売れないだけでなく、そもそも文章を読める力が無い人が多すぎて、
ブログ自体もはやオワコンと化している現状だ。
僕がツイッターをやめた理由に
「140文字すら読めない人だらけ」「文章を書いても言葉の海にゴミ同然に流出するだけ」
があるのだが、書き手読み手の関係と読解のズレに致命的な乖離が生じている現代で、
芸能人が時間かけて文章を綴るのは割に合わないサービスでしかない。

2019年4月に、実際、間島さんはブログ更新をやめている。
きっぱりと宣言されているからには、再開の有無関係なく、必要と己で判断するまでは動くことはないのだろう。
僕が間島さんに好ましさを覚えた理由は、実はこのあたりだ。

己の判断基準が明確で、どれだけ求められようと、自分自身でゴーサインを出せないならそこへは進まない。
振れ幅を広く取りながらも、一貫性を失わない。
それが健やかなユーモア精神とリンクして、ブレず媚びずの居ずまいを柔らかく見せる。
所謂「逆らわない、従わない」を面白く見せることに長けている。
間島さんの持つ性質でいちばんの武器は、
役に、作品世界に、集団に、溶けること。

何をしてもしなくても、どこからも逸脱するのがデフォルトの僕からしたら
間島さんの「溶ける力」は神かよとひれ伏すレベルである。
僕にはバランサー属性が皆無ということかー笑
知ってた知ってたあははh(

…そろそろ白状するか、長くなったからな
また次回お会いするぞー!←
  • 記録
2019_06
11
(Tue)19:04

フィクション値

必要以上の外出を全くしない(ぶっちゃけ通院と郵便局くらいしか用事無い)僕ですこんばんは

生身の人間や、彼らによるエンターテイメント全般に関心を持たなくなって、
そうした人々の居る世界はやたらと遠くなり、TVも観ないものだから彼らの生み出す娯楽も視界に入らない。
今となっては良く劇場―特に都内の小劇場―に足を運べていたもんだと驚く。

アニメや漫画くらいは昔ほどじゃなくてもつまみ食いするが、ゲームは全く触れない世界。
小説や漫画と言った創作物において、所謂「フィクション」が苦手だ。
極端な話、本物/本当じゃないならどうでもいいとまで思っている。
ここまで書き連ねたから、もうお察しだろうが「ファンタジーに近づくほど無理」になる。
そんなこと言ったら創作物全否定かよと突っ込んでくる御仁もいるだろうが、
僕なりの限界点として「SFは好き」を提示しておく笑
…SFは、本当に実行するか否かは別として、いつか実現可能と言えるからだ。
魔法とか妖精とかマジでフィクション値が跳ね上がる…

マンガやアニメは、扱うジャンルの多様化もさることながら、
そもそも平面から立体に変化する時点でフィクション値が爆上がりである。
更に声や音がつくわけで、もはや僕からしたらF on F on Fの無限コンボだ。
フィクションのレイヤーに惑わされて、本物はどれだどこだと、惑う。
虚構というルールのなかで本物がどうこう言うのも変な話ではあるのだが、
きっとそれが苦手ということなんだろう。

虚構というルール上の存在として最も象徴的なのが、アイドルを始めとした芸能界の住人だろう。
TVやネットやライブ、眼前で見ても画面越しに見ても紙にプリントされた平面を見ても、
“どれも本当じゃない”のだ。
いちいち確認したり練習したりしなくても、誰かが求める姿を、当たり前に提供する。
僕みたいな凡骨通り越してポンコツキングからしたら、
この「求められるものを当たり前に提供する」ことがどれほど過酷なことかと怖気づく。
彼らは他人が自分に求めるものを知っているし、次に求められるものが何かを常に探ってもいる。
他人が寄せる期待や予想を上回るか、せめてクリアしないとだめで、悪い意味で「外す」のは社会的に致命傷だ。

無論、彼らは自発的に(そして必要だから)やっていることだ。
僕にしんどそうだなどと言われても返答のしようがないだろう。
そういう意味では、芸能人も相当にフィクション値の高い存在な訳で、僕の関心を惹く要素は少ない。
…はずだったんだが。

前フリが冗長すぎて自分でも呆れるが、ここからが本題。ただし次回に持ち越し笑
くそったれ、僕の好奇心アンテナを根こそぎ持って行かれた―
間島淳司さん、について。
次回だからな!次回!!

  • 記録