fc2ブログ
2019_11
29
(Fri)20:11

力の及ばなさ、望むものの不在

ニュースサイトを日々流し見しながら、圧倒的な量の多さに驚く暇もなく、ただ胃の腑が重たくなっていく。
所謂ニュース(事件や広報と言った、本来的ニュース)だけじゃなくウェブコラムや個人の論説サイトもネット上に見つかることが「毎日大量」と思う原因だろう。
ネット以前ならば雑誌の片隅で読者の投稿コーナーくらいにはなりそうな凡記事が、SNSで取り上げられて共通の話題になりちょっとばかりはしゃぐのも、微笑ましいのかそれとも皆必死なだけなのかと。
ネット普及が人間関係を希薄化するなんて、もはや前世紀の迷信だ。
むしろ過去には見えなかった誰かと姿見えないままにつながって、正体不明の「社会」と紐づけられた気になって、虚ろな安堵を得る。

見えない誰かとつながりを得ようと必死にPCやスマホを操り、何がしか事が起きれば見えない誰かと手を取って(あるいは便乗して)どこかの誰かを叩きのめす。
そして見えない誰かの手によって自身が完膚なきまでに叩かれる可能性を恐れては、叩かれる前に標的を見つけて先んじるか、助けてくれる(であろう)見えない誰かを必死に探す。

これらの行動に共通する動機は”不安”だ。
可視化されないが確実に画面の向こうにいる誰か、という存在への不安。
社会という途轍もなく大きな正体の掴めない概念との紐づけに信頼を置ききれない不安。
誰が味方か敵か、いまは味方でもいつ立場が逆転するか判らない、何なら自分が他人から敵と見なされる可能性への不安。

これだけ膨れ上がった不安を抱えて、現代人はそれでも「死なない」だけの生活を己で支えなくてはならない。
ひとたび躓けば、それこそ誰も手を伸べない――自分など居ないように傍を通り過ぎる人だらけかも知れないのだから。
無力だ、と肌で感じる。
金で相手を従えることができるか、それ以外の絶大な魅力で人々の助けや支持を得られるか――
そんなもの無い(と結論づけている)、解っている。そもそも魅力だの財力だの持っていれば、その力を振るえばいいだけのこと。
己の無力を理屈でなく骨身に刻まれるとき、ひとはどう行動するのか。

僕は、相模原市のやまゆり園事件で植松氏を知った。正確には存在を知っただけで、会ったこともない。
事件当初、僕は「直接手を下したのは彼だが、その刃先にこもった力は彼だけのものではない」と述べた。
あのナイフはただの形で、世に多くあふれる悪意――障害者を無用として亡き者にしたい――の象徴でしかない。
植松氏が担い手として背を押されただけで、彼の背を後戻りできぬほど強く押し続けた声は今なお根強く潮流の如く、誰かを何かを押し流そうと謀っているのだ。
植松氏が社会で、職場で、己の無力を幾度となく繰り返し刻まれながら、それでも彼が無力さに抗おうとした時、眼前に在ったのはやまゆり園の利用者や家族だった。
やまゆり園――まさに無力と名指される者たちの集う場。
利用者は植松氏や職員の手を待っている(のかどうかも不明だ、確かめようもない)ようにそこに居る。
必要としているのか否かも確かめられない、意思疎通が現状かなわない者たちと延々向き合う日々。
植松氏は「自分が何か出来ているのか分からない」「手を伸べている者が己を必要としているのか分からない」無力を抱えた。
何事か為さねばならぬ、という無力の打開は、眼前の”無力の象徴”の向こう側に見えるものを打ち壊そうとした結果、命を奪ったのだ。

植松氏のナイフは確かに19人以上の身体を殺傷した。でも彼のナイフが刺そうとしたのは、その身体の向こう側にあるものだ。
正体不明の巨大な「無力をもたらす全ての不安」という、漠然とした、しかし確実に僕らに等しく圧し掛かる力だ。
じゃあ何故やまゆり園だったか?植松氏は元職場をなぜ選んだ?
それは実にシンプルで、園の利用者や家族は先述したように”無力の象徴”だからだ。
役に立たないから亡き者にしてしまえという悪意の潮流によって、勝手に無力とされてしまった存在が、眼前で彼の手を――
求めていたのかどうかも分からない仕種で、でも仕事は仕事でしかなくて、そこが分からないまま仕事はただの作業と化して彼の社会生活を重苦しくしていく。

何度も言うが彼が命を奪ったことを、僕は心底ダメだと思う。そこは償えよと思う。
相手自身のことならば、相手に確認と同意を取ってからだ、と思うから。
意思疎通が云々に関しては、植松氏がいちばん骨身に刻んでるだろうけど、僕は「意思疎通ってのは言葉だけじゃねえよ、言葉以外の方法を探るしかねーよ、そこは頑張れよ」と言いたいんだ。

――だから、植松氏には、死刑になんてなって欲しくないんだ。
死んでもらっちゃ困るよ。
戦うために死を選ぶのは、僕だから。
スポンサーサイト



  • 記録
2019_11
23
(Sat)00:58

本という積み重ね

久しぶりに図書館に行ってきた。
本くらい買ってもいいとは思うのだが、どうしても既知の作家に偏る傾向があるので未知を求めて足を運ぶ。
書棚に懐かしい作家名を見つけて何の気なしに借りて読んだら「おお…!」となったw
森博嗣『孤独の価値』である。

森先生が作家活動を辞めておられたとは知らず、犀川&萌絵シリーズはどうなったのかと思っていたらまさかの完結。
『すべてがFになる』以来拝読していたのに、見届けなかった…
いやさあ、犀川先生が結婚とかさあ…←

さておき、『孤独の価値』はとても面白かった。
”孤独とは自由の獲得である”という一節を見つけて、ここ数か月漠然とつかめずにいた確証を得たように感じた。
今まで僕はずっと自由と尊厳を求めて走ってきた。走る過程で僕は人々を棄て、つながりを棄て、地を棄てた。
その結果、ウォール・マリアを飛び越えたかの如き未知の景色を見つけることができた。
ああそっか、僕は何にも拠らずここに居ると。

とは言え疑い深い性分ゆえに(本当に自由なのか?)と幾度も考えた。
けれど確認する術もないまま、己の立ち位置を信じきれないもどかしさを持て余していた。
何にも拠らない自分を標榜しているプライドもあって、自由の真偽を他者に確認して貰うのは違うんじゃないかと悶々する日々が続くなかで、この本に出会えたのは僥倖だった。
若かった頃に出会った作家や本に再び向き合うことは、当時気づかずにいた言葉や表現に出会えることでもある。
出会い直して、あの時見過ごしたものを見つけて、さらに新しいものにも出会える。
単純に”本ってやっぱり面白いよなあ”と幸せになれるのだ。

神林長平『ライトジーンの遺産』『戦闘妖精・雪風』なども、幾度となく読み返した。
特に『ライトジーン…』の方は21世紀になって読むことに途轍もない有意性がある気がしてしまう。
臓器崩壊という根幹的不安に苛まれる人類、人類存続のため急速に開発成長していく人工臓器技術。
莫大な利益と高度な技術を争う人工臓器メーカー各社、抜きんでたライトジーン社が生み出した人造人間。
しかし独占阻止のためにライトジーン社は解体され、かくして2体だけの人造人間は”遺産”として世界に紛れていく――

ここで描かれる人造人間2体―コウとMJ―ふたりは兄弟だからと言って過剰に繋がらない、相手をあてにしない。
むしろ生き方自体はまるで違って見える。
人類社会における2人は言わば異者だが、自分たちを人類から殊更切り離すこともない。
2人に共通するものはひとつ、”自由たれ”なのだ。
買った当時は気づかなかったが、「ライトジーン」って英語表記すると意味…!!マジか…!!ってなるw
更には「ライトジーン」の「遺産」が「Heritage」と言うね!すっげー遠回しな皮肉かな!?

…途中で完全に森先生からズレていったけど、本は面白いんだなあと再確認、再認識。

  • 記録
2019_11
07
(Thu)18:10

他人を正すこと

「宇崎ちゃん」献血ポスター、なぜ議論がこじれるのか

若干古めの記事ではあるが、けっこう丁寧にこの問題のややこしさを解きほぐしているのでリンク。
僕はここまで親切になれない←

正直、ウェブCMやポスターの表現が炎上して謝罪&削除になる流れはもう飽きている。
おおかたの大人も「またか」くらいで気に留めることなく、忘れていく。
個別撃破ってすげえ効率悪いんだよな。小物を叩いてやったやったーって、子供のチャンバラだから。
小物が目につきやすいのと、倒しやすく見えるからつい狙いたくなるんだろうけど、
問題の根幹には全く近づくことがない。

性差別に限らずいろんな種類の偏見や旧態依然の価値観は、そうした「小物叩き」に紛れて生き長らえてきたんだろう。

冒頭の献血ポスターに関して言うと、僕はセクハラか否かという問題のもっと手前で判断を保留していた。
件のキャラクターの絵柄が個人的に好きじゃないのだが、それとセクハラ云々の判断は別問題だからだ。
そしてキャラに関しては「献血を促す為だとしたら、このセリフ回しはOKなのか?」という疑問。
このキャラクターの外見と台詞とで「献血行こう!」と張り切る人間がいるとしたら、それはこの漫画のファン周辺に限られる気がしてならない。
ファンを誘導できればそれで良しなんだったら、目的は達せられるわけで、じゃあ何故燃えるのかと考えたら。
そもそも献血促進が目的である以上、もう少しレンジの広い訴え方ができるキャラと台詞を使うべきだった。
いうなれば「宇崎ちゃん」である必然性はないのだ。

あと発端となった「セクハラ」「性的表現として問題がある」というくだり。
巨乳がどうのこうのと騒ぐ前に、公共の表現とするならば確かに「必要のない性的表現」ではある。
これが実写の女性だったら批判されたんだろうか否か?とも考えると、結局巨乳か否かはもう問題じゃない。
実写だろうがアニメだろうが、女性をあくまで消費対象として表現するルールに従って描かれていることが問題な訳だ。
巨乳じたいが問題じゃない。
「巨乳とは女性を消費財とみなす表現である」ことを無自覚に世界のルールと認定していることが問題なんだ。


巨乳は関係ない。アニメ漫画であることも関係ない。公共性の有無も関係ない。
広報・PRの為に選ぶ宣伝キャラクターとしては不適切であるということだ。
キャラの外見と台詞双方含めて「献血来てください」という意図を伝えるには、刺さる範囲が狭すぎた。
むしろコレで釣れるぜと思ったヤツはどうかしてるし、コレに釣られたヤツは見くびられてると思え。

セクハラか否かは、やはり微妙に判断保留中だ。
どっちかと言うと、まだこんな昭和的手法で客を釣ろうとしてんのかと言う情けなさが先に立つ。
20世紀終わりから偉大な先達が多大な努力を費やしても、いまだこの国の男どもは昭和の病に憑りつかれているのが実情だ。
日本において性差別とは、もはやDNAに刻まれたレベルの根深い病なんだ。

現代社会を生きる男の生きづらさとか知るか。今まで散々好き放題してきたぶんのツケ払えよ。
旧態依然を良しとする日本の老害どもに、こちらが誠心誠意で価値観を正す必要なんか無い。
正すという言葉も微妙だけど、今や世界は新しい価値観で動くものだと彼らに教えることは無意味だ。
どうせ学ぶ気もなく受け入れる気もなく、理不尽にこちらを暴力で抑え込んで悦に入るだけのことだから。
ゴミくず男どもに勉強なんか要らねえ。

一方で偉大な先達は「女の敵は女」という名言を残しておられる。
そうなんだよな。言わば人生が人狼ゲームみたいな世界なんだよな。
…男も女も要らなくね?←
  • 記録