fc2ブログ
2020_02
04
(Tue)20:23

たまにはなやむ

世界の外側に出ていった僕が日々のニュースや関連情報を収集し、自分の考えを言語化しているのは、
言ってしまえば神々の道楽みたいなものだ。
僕は神じゃないけどな。
イメージ的には「ヴァルハラで神々が戯れにチェスをしている。チェスが意味するものは”世界”」という感じだろう。
僕はチェス全くできないけどな(二度目

いつ訪れるか知れない終わりを待ちながら、世界のニュースをつまみ読みして生きる己の姿を振り返る。
別に道楽も結構なのだが、我に返って「このまま過ごして生きるのってどうなんだ?」と首をかしげてしまうのだ。

何を気にする必要もないのに。
誰かから何かしろと求められてもいない、期待されてもいない。
自分がこの世界で人生を費やしたいと思えるものもない。

やらなきゃいけない・やれと求められる・やりたいと自ら願う―――
どれも無いのだ。
他人や世界、自分、どこにも「この世界でやること」が無い。
読書や文章書きとか、もちろんやりたいことではあるけれど、この世界でしか出来ないことではない。
他の世界(平行宇宙的なアレ)に行ったところできっと僕は同じことをするのだから。
…ま、だからこそ常日頃から”早く他の場所に行きたい”と願ってしまうのだ。
自分がいかにこの世界を見限っているかの証左でもある。
自分が居る価値の無い、この世界。

残念ながら生きているんで、命が尽きるまでの間は暇つぶしでも何でもした方がいいとは思う。
暇つぶしとは言ったが勿論やるなら本気でやる。
僕の能力レーダーチャート上、出来そうなものは「文字書き」くらいだ。
でも文字書きは既にやっている。このブログだけでなく手書きしたもの含めたら結構書いている。
…書いたけど、その先どうすればいいんだか。いつもここで行き詰まる。
他者に向けて発信することは考えていない。
理由はひとつ「需要が無い」w
まあなー、内容的にも文体としても論理の運びにしても、メディアには嫌われるタイプだからなw
①長い
②理屈過多
③回りくどくてイラつく
上記三点を備えた文章は民衆に読んでもらえない(=視聴率で言うと数字にならない)のでメディアも掲載しないしそもそも読まない。

他者に読まれるためのサービスなんぞ僕がする訳ないので、需要の無さは加速していく。
更にいうと、現代人のほぼ9割以上が「長文読解力が欠落している」以上、僕の文章を彼らに見せることは無意味の極みだ。
――3文字以上は”長い”んだろ?

このところずっとこんな感じでぐるぐる考え込んでいる。これがなやみというものか←
手持ち無沙汰と割り切って、他に道楽のネタ探しをするのも一手か。
スポンサーサイト



  • 記録