fc2ブログ
2020_05
27
(Wed)10:55

ここで終わりじゃない

緊急事態宣言が下げられた。
これは一区切りだ。
終わりじゃない。

誰もが等しく感染する/させるリスクを負いながら、
見えない脅威やそれに連なる自警団みたいな自粛ポリスから醸成されるきな臭い瘴気に巻かれながら、
多くの人々は恐るべき忍耐を以て自粛強要の地雷原を歩き抜けた。

もちろん犯罪に手を染めた者もいる、恐怖や不安から来る不当な怒りを無関係の他人にぶつけまくったアカンタレもいる。
それはそれで裁かれるべきだ。自裁であれ、法廷であれ。
決してリンチであってはならない。
どんな状況であったとしても、僕らは私的な根拠を振りかざして他人を裁くことはできないのだから。
誰かの個人的な正義で、誰かをジャッジしてはならない。
たとえどれほど「正論」だとしても、他人に押しつけた時点で何の説得力もなくなる。
――押しつけなければ伝わらない論なんて、ただの独善。

先ほど「恐るべき忍耐」と評したが、まさしくそうなのだ。
一部の人々にとっては過剰ですらあっただろう、耐え忍ぶ日常生活だった。
第二波、またそれ以降は当然襲い来る。どれほどのレベルか、また期間なのか。
何も分からないという点で、今春の時とさしたる差はない。
多少なり経験と教訓を得た、それを礎にして「この先の日常」を探るのだ。
これから先、冬のインフルのようにコロナと付き合っていく日常を生きるのだから。
インフルが冬に来るように、コロナもまた気まぐれに来る存在となるだろう。
嫌な隣人と仲良くせずともいいから「まあまあ上手く付き合っていく」力を養うように。

だからここで終わりじゃない。
めでたしめでたしも無いし、どっとはらいも無いし、もうええわも無い。
人々の忍耐力に過剰な期待をするべきじゃない。
今回は耐えられた「だけ」だ。
二度目はないし、二度目三度目以降も耐えられると勝手に当てにするもんじゃない。

「いつでも来いや!」なんて虚勢は到底張れない。
スポンサーサイト



  • 記録