FC2ブログ
2019_04
26
(Fri)22:21

終われ、世界

3年前の夏に起きた相模原の事件を、誰か覚えているだろうか。
覚えているだけマシで、もはや当時の報道のざわめきを思い起こすことなど無いだろう。
もうやまゆり園は解体工事を終えた。
そしてニュースで発表されたように、植松氏の公判が来年1月に開始される旨の告示がなされた。
あくまで予想ではあるが、早期判決、恐らくは死刑だろう。

昨年秋、オウム関連で立て続けに死刑執行がなされたことを思えば、
早く片を付けてしまいたいのが本音だろう。
そして植松氏もその例外ではないだろう。
なにひとつ解明されぬまま、恐怖と復讐と見せしめの対象として、彼は極刑となるだろう。
僕は彼がなにひとつ解き明かされてもいない状況で、死に向かわされることを恐れている。

建前であっても「言論・思想・表現の自由」を全ての国民に認めているはずのこの国で、
彼が為した行動(殺人)ではなくて彼の思想が裁かれる。
その結果が彼の死として示されてしまったら、もう建前は建前ですらない。
発した言葉ひとつがキッカケとなって、誰かの主観で一方的に裁かれてしまう事態を、
どうして黙殺できるというんだ?
もうこの世界は、本当に破滅への一本道を爆走し続けていて、速度は上がっていくだけだ。

唯一無二の絶対的正解や、普遍の正義など存在しないから、人間は考えていける。
思考を繰り返し、最後まで己の信じる「正しさ」への疑いを棄てず――それが「人が生きる」ということだろう。
そうした「生きる」の末に、自身の人生をいかに幕引きするかが像となって見えてくる。
納得いくまで「生きる」ことが、納得して「死ぬ」ことができる構造を強くする。

死に係る全ては自分で選ぶ。幕引きを決めるのは、他人じゃない。
それを決められない状態(認知症等で意思を伝えられない、身体行動に不自由を抱える等)になる前に。
――そして、自死の権利を剥奪されるような状況が生じる前に。
世界が終わるか、僕が壁を越えていくか。


スポンサーサイト