FC2ブログ
2019_05
30
(Thu)20:49

自分しか居ない「コミュニティ」

"不適性な人"を密かに排除する社会の到来

うわぁ、えげつねーなあ
…というのが最初の感想。

でも言われてみれば、適性検査があるということは逆も当然あるってことだ。
適性があるかどうかを見定めるよりは、適性に欠ける箇所があるかどうかを探す方が楽だ。
「間違い探し」は、得意だろうから。
そしてこの「間違い探し」は、「違うこと=ダメなこと」という暗黙の了解に支配されている。

本記事の冒頭部では、婚活市場におけるえげつないまでの「優位な遺伝子の選別」に言及している。
精子バンクでも似たような「優位な遺伝子リクエスト」がある以上、婚活市場もまたその影響を逃れ得ないだろう。
意地悪なことを言えば、これらは全て優生思想の一端である。
無論、生き物として優れた遺伝子を持つ者をパートナーに求めることは自然なことだ。
その一方で、出生前診断で障害や疾病の可能性を理由にした中絶を非難するのはどういう訳だろう。
命を選んでいるのはお互い様じゃねえのか。
まるで、優れた遺伝子を引き当てられなかった者の「自己責任」とでも言いたげな、矛盾。

閑話休題。
就活における適性検査と、逆から人を篩にかける「不適性検査」の存在。
不適性とはまたすげえネーミングだと半笑いになりながら、人類最後にして最大のリスクが「人間関係」という状況に、更に嗤う。
ヘタに浅知恵が絡み合った結果、リスク回避の方法がひん曲がってきたとしか思えない。
リスクマネジメントの勉強、も少し頑張れよ。マジで。
時代の変化や要請、法整備が進むほどに、それを実際に運用することになる各コミュニティの内部で負担増を厭う力は強くなる。
「手間がかかるヤツは水際で排除しておけ」と言うヤツだ。
異者排除の手口が鎖国政策と大差ないあたり、この国は何も変わってないし変わる気もないんだろう。

例えば今春から有給休暇の取得義務化なんてニュースがネットをざわめかせたが、
企業側も浅知恵だけは回るもんだから、社員側にリスクを負わせる方法ばかり考える。
有給は義務化されるが、そもそも休んでいたら業務が回らなくなるような仕事量の労働者も多数いる。
だったら「有給取れなかったら社員の責任だからペナルティとして給与から日数分の賃金を引く」とか、いくらでもトラップを仕掛けようとするわけで。

リスクは回避したい、他人に配慮する必要がなるべく生じないように要配慮なヤツは門前ではじいておく。
こうしてコミュニティの内側に居る人間は、どんどんコミュニティ構成員の資格要件を厳格化するうちに、減っていく。

――最後に残るのは自分ひとりということに、僅かでも想像を巡らせているだろうか?
篩にかけ、誰かを選び、誰かを選ばないという行為の果てに待つものは、
自分ひとりのコミュニティという矛盾の象徴だ。
スポンサーサイト