FC2ブログ
2019_07
27
(Sat)22:31

ここは桜木町

桜木町がめっちゃ変貌しててだいぶ動揺し、挙句昼ご飯も補給できずという為体。

こういう集会とか、気が進まないなーと思いながら(なら何故東京から行ったんだと
参加してきた。

第4回「ともに生きる社会」を考える集会2019

主催はDPIではなく県内の実行委員会で、やまゆり園事件との関連からか、
全体的な内容としては知的障害/脳性麻痺の当事者や家族の問題に寄っていたかなという印象。
報道機関のカメラも入って(まさかバリバ●で抜粋されたりするのか?)キャパ300の会場ってのもすげえ。
4時間前後のトークや講演を、僕は、

とても興味深く拝聴した。

正直この手の集会ってただひたすら「聞かされる」だけで、ステージ上の論者と全くすれ違い続ける感が満載なんだけど、
あの、マジで面白かった。
本で得る情報、授業や講義で知るような勉強、そのどれでもない。
忌憚なく、自らの苦みを吐くように告発とも悔恨とも取れる言葉が会場に流れて、僕らは空気とともに吸い込む。

誰かに対して遠慮があっただろう。そこに触れる怖さもあっただろう。
禁忌に等しい領域に、それでも踏み込まないと、僕らは3年前の夏から進めない。
傷つけるのは嫌だ。傷つけるかも知れないことも嫌だ。
でもそれらを嫌だと避けてしまうのは、誰かを傷つけることによって咎められるのが嫌なだけだ。
「悪者」を背負えずに傷つくのが嫌なだけだ。

考え続けることは無論大事だ。でももう3年経った。考え続けることは大前提で、ここから先をどう動くのか。
敵は巨大で悪辣で、何なら鈍重で排他的だ。
この上もなく面倒くさい相手だけど、どれだけ時間を要するかも全く判らないけど、
――でも、やるんだよ。
スポンサーサイト