FC2ブログ
2019_08
21
(Wed)19:56

心身症て。

――身体症状の発生、増悪、機序が身体疾患のそれでなく社会心理的過負荷に連関するもの。

僕なりの解釈としての心身症を定義すると上述のようになる。
先に言っておこう、僕は認めない。

ちげーから。

この夏、紹介状を貰っては大きな病院に出向いてCTやらレントゲンやら検査を受けた。
健康診断の類を絶賛サボり早幾年のくせに、検査は行くんかーいとセルフツッコミしては検査結果にも突っ込む。
健康診断サボってても、身体にこれと言った異常がほぼ無いってすごくね?
ぶっちゃけコレステロール以外の問題点は出て来なかったことにマジで驚き。

――じゃあ俺が日々抱えているポンコツボディの軋みは何なんだ
これだけ検査しても何も出て来ない以上、考えられるのは俺が嘘ついてるとかそういう展開だけど、
とは言え詐病でないのなら、結論としては一生放置しかない。

そこで冒頭の心身症に言及する訳だけど、個人的にマジで認めない。
失感情も失体感も両方取り揃えてるからそこは否定しないけど、
身体症状はあっても身体疾患との連関が無いことは、身体そのものに問題が無いことの証明にはなるけれど、
心への過剰な負荷が身体症状につながることの証明にはならない。
そもそも、誰がどうやって証明するんだ?
医師や心理関係の専門家はそりゃ多数いるだろう、でも彼らとて「断じる」ことは出来ない。
僕自身もそうであるように。

診断が出るか否かの話はさて置き、心身症の発露だと判明したからと言って何になる?
生活環境は文字通り死ぬまで現状のままだろうし、一時的な避難や環境変化がどれほど無意味か知り尽くしている。
生きる限り「こう」なのは既知の事実以上のモノではないのだから、症状緩和につながる方策など着手する価値もない。

対処する価値がない。と言うことは、何かしら疾病であると診断する意味もない。
何故ならば、社会心理的過負荷の関わりを僕が認めないからだ。
そんなん言い出したら「ストレス」ってどれだけ安売りされてんだよと思ってしまう。
全ての病気はそこに通じちゃうだろ。
仮にその手の負荷が自分に圧し掛かっているとしても、僕はそんなもので折れるほど脆くない。
生まれた時に人生は終わった。そこから先、世界から疎まれ他者からサンドバッグみたく扱われてきた。
ずっと続いていたことだ。それが死ぬまで続くだけだ。
本当に脆ければとっくにこの世から消えてるはずで(本来ならそれが望みだった)
不本意極まりないけれどまだ無駄に時間を食い潰して惰性で生きている。

だから早く来て欲しいのだ。心身症とやらがガチで僕を違う世界に飛ばしてくれると期待して。
脆くない僕を、さっさと本気でぶっ壊しに来い。
スポンサーサイト