fc2ブログ
2019_09
30
(Mon)17:36

選ぶという行為の惨さと強さ

これって学校は謝罪するようなことなのかと頭を傾げる僕です

死ぬのは5人か、1人か…授業で「トロッコ問題」 岩国の小中学校が保護者に謝罪

まあちょっと現代っ子には刺激の強い題材ではあるけどね。
でも学校が頭下げることかと言うと、そんなこともない。
こんなことが記事になるのは、我々現代人が、大人も子供も「命を預ける/預かる選択」に対して逃げ腰であるという証拠だ。

トロッコ問題は典型的な例題だけど、他にも「冷たい方程式」「テロ」が挙げられる。
「冷たい方程式」は、SF小説等で頻出するテーマ。
1人乗りの宇宙船が宇宙飛行士を乗せて目的地に向かう途中、密航者の少女が発見される。
水や食料、酸素の積載量はひとり分(宇宙飛行士が着くまでの)しかない。
少女を船外に放り出せば任務は遂行できるが、同時に少女を見殺しにすることになる。
でも2人分の糧食や酸素は賄えないから、いずれどこかで尽きて死ぬ。
どうする?という問い。

「テロ」は、ドイツの作家シーラッハによる戯曲『テロ』。
こちらの方がよりトロッコに近いだろうか。
要はハイジャックされた航空機をサッカースタジアム上空で撃墜するか(観客や周辺住民、乗客が犠牲になる)
ハイジャック犯の要求を呑んで大都市圏まで飛行させるか(テロの目的はココなので、より多くの住民や乗客が犠牲になる)
…こっちの方がだいぶえげつないけど、この戯曲は観客参加型になり得る構成になっている。
このテロ事件にはちゃんと結末があり、テロ制圧に向かった軍人が独断で航空機を撃墜するという衝撃的な展開になる。
この軍人をどう裁くのかが、観客に委ねられるのだ。

単純に人数を想像するだけで、『テロ』のえげつなさとしんどさが圧倒的である。
人数の問題じゃないと解っていても、何故か僕は人数を想像してしまっている。
恐らくは大部分の人が、この「人数」や「誰を選ぶか」につまづくんじゃなかろうか。
(そこじゃない)と思うのに、不思議だよなあ。

普段の生活ではなかなか自覚できないが、僕らは当たり前に「誰かを選ぶ/選ばない」を繰り返している。
好きな人と両想いになるのは幸せと言えるが、別の見方をすれば他の誰か(もしかしたら自分を思ってくれてる)を選ばなかったということだ。
もちろん、”ほかの誰か”のために両想いの相手をわざわざフる必要はない。
それはそれで、眼前の相手を「選ばない」と同じことだからだ。
自分に思いを寄せる誰かにとっては、振り向いてくれないなんてひどいと嘆きたくなるかも知れないが、
選ばれなかったというだけのことだ。それは別に「人を選別するなんて酷い」ということにはならない。

ちょっと甘酸っぱい系の例えで僕が背筋寒くなったw
はい、ココで僕向きのサンプルー!

災害時の救急医療において、負傷者の治療順を決める「トリアージ」。
身も蓋もない言い方をすれば、治療して回復が見込める人間を優先して助けるために行われる方法だ。
負傷の度合が酷く、治療行為を尽くしてもある程度までの回復も望めないとなれば、その命は選ばれない。
全員を助けたいのが誰しもの願いだが、見込みのない負傷者に施す医療行為や医薬品を、より軽傷の者に回すことで「1人でも多く助ける」選択をする方がマシという考え方と言える。
地震や台風が災害となって降りかかるたび、この問題も取り沙汰される。
「目の前で重傷の家族が見捨てられる」と想像するだけで嫌な気分になる人も多いのだろう。
僕は人でなしと言われ慣れてるので言ってしまうが、
私情を優先して見込みのない人間に治療を続けるうちに、他の誰かが助かるチャンスを失うかも知れないとしたら、
それは救急医療として適切とは思わない。
命を選ぶのは、見捨てることと同義じゃない。助かる命をひとつでも多く拾い上げるしかない、そういうことだ。

例題の話がだいぶ長くなったが、変な情緒や感傷を優先するほうが、結果的に損なわれるものが多い。
この手の話に正解は存在しないし、その時の各自が下した判断を責めるほうが残酷だ。
肝心なのは、「選ぶ」ことを恐れないこと。
生きる限り何かを選ぶと同時に捨てることになるし、自分だけでなく誰もがそうである。
トロッコ問題を授業で取り上げたことはそれなりに意義あることだと僕は思う。
不安を感じた子供たちは(正直、ひ弱だなとはゲフゲフ)
…結局、僕ら大人たちがいつまでも逃げ腰でいるからいけないんだよな。

ちょっとばかし心を鍛えるためにも、つかもうちょっと柔軟な心になるためにも。
スポンサーサイト