FC2ブログ
2019_10
17
(Thu)00:46

台風が来て、考える

10月の3連休、関東を直撃した台風。
想像以上の甚大な被害に、僕は凡庸に驚くしかできないでいる。
阪神淡路大震災、東北の震災と地震は一応経験しているが、台風で避難まで考えるところまで行ったのは初めてだ。
そして、「避難」という言葉に僕はひどく狼狽している。

東京に来て20年弱、何度か台風や豪雨による河川の氾濫などの災害に面することはあったが、実際に避難を想定して行動することはなかった。
今回だって、テレビやネットニュースで煽ってるのかと訝しむくらいに警告されているのを「そんなに言われても…」とズレた認識だった。
でも、初めて河川氾濫の警報を耳にして、マンションの住人総出で入口に土嚢を積んだ時。
「あ、これはマジで避難とか自宅の防災をやらなきゃいけないんだ」と実感した。
おぼつかない手つきでベランダの窓を養生し、浸水を防ぐためにビニールを貼り付けた。
念のためにと一時避難所へ向かう荷造りをした。

その時、ふと考えた

「お前、避難所に行くつもりか?」
「まだ生き残ろうとしてんの?」
「つーか、避難所に行って、お前が入れてもらえると何で思った?」
「よしんば入れて貰えても、すぐ追い出されるのに」

当たり前の顔をして、荷造りして、避難所に行くことを想定している自分に、吐き気がした。

生きようなんてまだ思ってんのか?
そして、当たり前みたく避難所に行こうとしてるのおかしいだろ。
入れて貰えるとでも?

――結論から言うと、僕は避難所に行かず台風をやり過ごした。
そして、台東区の避難所でホームレスが断られた旨の記事を見て、得心がいった。
そういうことだよ、と。

台東区はもともとホームレスや困窮者が多い事情もあって、行政が彼らに向ける目がそもそも冷たい。
いつもいつも煩わせやがってという苛立ちが、露骨な排除につながった。
でもこんなのは端緒に過ぎない。
今回ホームレスだったというだけだ。
何かを基準にして「避難所に入れていい/悪い」を決めて良しとするなら、そこにいろんな言葉を代入できる。
生活保護受給者、引きこもり、精神障害者、その他…

避難所という非常時の居場所に最も居て欲しくないものを挙げていけば、おのずと次の標的は見えてくる。

だから僕は「行政の支援」なんてものを無条件に信じてはいけないんだ。
「ただし●●は除く」が行間に存在することを忘れてはだめだ。
僕が入ってもいい避難所なんて無いし、そもそも助かるために行動する選択をするのがおかしい。
自分の不覚悟を強く戒めよう。




スポンサーサイト