fc2ブログ
2019_12
31
(Tue)20:28

滅亡に至る病

僕がどれだけ見限ろうとも、それでも世界は変わっていく。

勇敢な人が世界のあちこちで動き始めている。
日々のニュースで誰かが果敢に行動し、意思表明し、古ぼけた権威に抗いを試みている様子が伝わってくる。
匿名の、または各国メディアの、その他安全な場所から石を投げつけるしか能のない無責任な野次馬どもにも全く屈しない。
権力や暴力や理不尽で彼らの行動を封じることはもはや無理なのだ。
無論、僕らの知り得ないところで傷を負い、手当てを施す間もなく再び戦いに出向くのだろうけど。

勇敢なひとが世界を変える。彼らは変えようという意思を持って行動する。
その動きに誘発されて、誰かが勇敢なひとを手助けする。
勇敢であることは、この閉塞しきった時代において、真に賞賛に値する資質だ。

僕は勇敢ではない。度外れた無謀ではあるが、勇敢さとそれが別物であることはもう理解している。
仮に勇敢さを持ち合わせているとしても、自分自身にしか適用できない勇敢さだ。
他人を巻き込みたくない、などとはさすがに恥があるから言わないが、要は自分仕様ということなのだ。

障害が発覚してからずっと継続している”世界の外を目指して走る”生活は、僕なりのスタンス。
勇敢な人たちのように礼儀正しく戦うのは彼らにお任せだ。
だからと言って「普通」を自認する大衆のように、生き残るために誰かを貶めることを良しとはできない。
何より家畜のように、「考えることを諦める」ことはしたくない。できない。
だから僕は、ひとりで世界に背を向けて全速力で外に走っていった。
道中を共にする者もない孤独は恐れるに足らず。
この先に広がる景色への期待と好奇心が全てだ。

――この国では”滅亡に至る病”と位置づけされるであろう、発達障害を全身全霊で抱える僕だから可能になった戦い方。

僕にとって、障害は障害ではなくなった。
他人からしたら僕の存在が障害とも呼べるのだろう。あいつが居るから、あいつの性質が云々…。
傍らに誰も居ない今、僕と何かのあいだを繋ぐ必要が無いのだから、繋ぐことを阻む=障害はもはやない。
これほどの自由がいま手に在る。

ロジック、言葉、思想、価値観、面倒くささ、単独行動、寝食不要、機械、SF、その他。
僕のなかに根付くたくさんの要素を、本当に誇らしく思う。
自己否定も自己肯定も僕には必要ない。
生きづらさが手のひらで溶けていくみたいに、楽になる。
――いつ死んでもいいように生きているからだ。
スポンサーサイト



«  HOME  »