fc2ブログ
2020_04
23
(Thu)15:00

平らかでありたいから言葉を綴る

ドラマの起きない僕の世界にも、どうしたって余波が届く。
仕方ない、現実と僕とは断絶しててもどこか地続きの関係を余儀なくされている。
辺境の街にも中央の争乱が噂となって聞こえてくるように。

だから時には感情を揺さぶられてしまうし、それが苛立ちを生むこともある。

世間一般には恐らく不安と恐怖が二本立てで、人々を混迷に陥れて思考停止と視野狭窄へと駆り立てる。
感染という不安、死への恐怖、家族を失う可能性、自分の生活が激変したことへの困惑…
だいたいが「そうなったらどうしよう」「死にたくない、死なせたくない」がメインになるんだろう。

感染する/させる可能性についてはもはや全員が等しく背負っているリスクで、
この期に及んで怖がるのはナンセンス以外何ものでもない。
自分は例外、なんて、もう誰が言える?富裕層だろうが特権階級だろうが年金受給者だろうが平等にヤバい立場だろ。

自分が/家族他近親が死んだらどうしよう
これに関しては、僕は自分が無頓着なので世間と共感できないw
じっさい、外出自粛の御時勢だけど家に居たくない子供や居場所のない女性が少なからずいて。
殊更な暴力に晒されてなくても、家が地獄だと感じるなら大差ない。
僕も大して変わらない。おかしな話で「3密NG」なのに家庭は例外扱いなんだよね。何でやねんって言いたい。

何で家庭なら安心って決めつけてくんだろ。家族も他人も安心できないのに。
憎んでいる訳でもないから、死んでくれとはさすがに思わないけれど、でもいつかは死ぬじゃん。
コロナウイルス関係なく、誰もがいつかは。
だから今更「死んだらどうしよう」なんて狼狽える話じゃないんだ僕にしてみれば。

だから、ちゃんと心構えをする。それだけが僕にできることで、だからこそ悔やまずに「死」を迎えられるんだ。
自分のでも、誰かのそれでも。
心構えの中身を具体的に言うと。
自分に万一が起きた場合の事務的対応を書き起こして文書にしている。
金銭面、行政への届け出、社会保障の対応(年金とか)
あとは医療面。救急措置の拒否、臓器移植や献体等の拒否など、自分を生かそうとする全ての行為を禁じる。
これが法的にどれだけ有効か知らんが、本人の意思表示としては重要だから。

こうして何かを言語化して書いてるから、ぐらつく心をしっかり手綱持ってられるのだ。
言葉があってよかったと思う。 


スポンサーサイト