2018_02
14
(Wed)00:49

物は壊れる、人は別れる

ツイッターアカウント削除後、マジで楽ですよ
スマホ見る時間が激減、リアルならずとも限りなくリアルの至近にある電子の空間で
いかに自分が摩耗していたかを思い知った

情報収集は確かに大切で、無関心は罪であるとは思うけど、
自分を意味なく損なうような情報からは、とりあえずでもいいから距離を置くかハナから探索しない

世間の情報や時事を見ないことは悪ではない。
自分を壊してまで取り入れる価値があるか否か、その物差しでまず判断するべきだ
有害な情報から遠ざかることを『逃げ』と謗る人もいるだろうが、
「いま、どうしても見なければいけない」ものなど、そうそう無い
自分を守る力あってこその情報収集であって、情報で心身を損なってしまったら本末転倒だ。

てなわけで
文字通りの隠遁生活が度合いを深めている僕だが
他人が日常に介入してこないことの安泰をかみしめている。

僕は友人と呼び得る人を持たない人生で、団体や職場など所属に対する希求心が無い
飲食物にも関心が薄い。
特段、淡白な性質でもないが、他人の目に映る僕は、間違いなく人でなしだ。

どれだけ大切にしているモノも、互いに思いあう仲の人間でも、
いつかは別れが来る。物は壊れる、人は別れる。
特に、ひとに関して言うならば
喧嘩とか争いの果てに別離を迎えるとは限らない。
転校や転居、遠距離恋愛、進学や転職、些細な分岐が互いの距離を広げていくことも多々ある。
しがみつくことが常に正解とは、言えない。

僕の場合、執着の無さに加えて
そもそも人間関係を作る、維持する方法を学べなかった。
大抵は幼稚園から学校教育の過程で学び、自分なりのノウハウを構築するのだろうが
転校や転居ばかりの人生、どこで学ぶこともままならず、
今に至る。
それはまた別の話。
スポンサーサイト