FC2ブログ
2018_02
24
(Sat)22:29

不要品なのに居なきゃいけない

社会ログアウト野郎ですこんばんは
紛うことなきニートですこんばんは

日々 どこか別の場所に行けるドアが無いものかと考える。
ほかの土地だの、異国だのなんていうレベルではなくて
「別の平行宇宙」くらいに、違う場所に行きたい。

僕がここに居る理由が無い。
この世界(社会やらなんやら)も、別に僕が居ることを求めていない。
僕は、ティーカップに添えられた角砂糖だ。

昭和世代なら、喫茶店で頼んだ紅茶やコーヒーに、角砂糖が1個添えられていたのを
記憶しているかも知れない。
いまどき、飲み物に角砂糖がついてくることはあまりない。
あったとして、「あら懐かしい、レトロ」くらいのものだ。

今や角砂糖は不要なのだ。
砂糖を入れない人もいるし、角砂糖だと分量の微調整が難しいから
添えたところで敬遠されるのがオチだ。
使われないまま厨房に戻された角砂糖の行く末は、廃棄。

不要なんだから僕も廃棄してくれよ、と思うのに
世界は居ることを強要する。
居ることなど誰も望んでない。使いどころもない。
世界の、社会の「風景」を適当に飾るように、角砂糖として置かれたまま放置される。

僕は曲がりなりにも身体は人間のそれだ、砂糖のかたまりじゃない。
維持管理にもそれなりコストがかかる、厄介な肉塊だ。
でも、世界の誰ひとりとして、このコストに見合うものを僕にくれることはない
生まれてからずっと、この身体が朽ちても、何も与えられることはない。

居ることを強要するんなら、維持管理費くらいは、
対価として払ってくれよ。
「世界に居る義務」は、角砂糖には過ぎた負荷だ。




スポンサーサイト