2018_03
21
(Wed)16:51

相互拒絶

厭世、という表現がしっくりなじむこの頃

僕は世を厭い、世は僕を厭う
利害のこの上ない合致。

世界の誰も、世界のどこも、僕を望まない。
僕もこの世界に居たくない、誰とも関わろうとは望まない。
ここに僕がパズルピースとして嵌まり込める場所はない。
はじかれ続けて、追い出され続けた結果が現状だ。

僕 という個体が持つ特性を、この世界は否定する。
わずかでも「僕」を滲ませたとたんに拒絶と非難が圧倒してくる。

(僕は望まれない者だ)という認識。自己肯定の徹底した欠如。
自己肯定し得る根拠など、何もない。全部、否定されてきたのだから。
『自分を肯定してはならない』と学習することだけが、存在を許される理由になった。

個 を殺して、消して。
その場その時置かれる立場や集団に、なじもうと努力した。
(自分を出さず、空気のように溶けていけば、集団になじめるんじゃないか)
過剰に同調して、いわば『誰にとってもどうでもいい人』になることで、
居ることを許される気がしていた。

誤算はここに生じる
『過剰同調しようとしたけど、実は全く同調できていなかった』
場の空気を誤読したのだろう。
さらには、自己を消そうとしたとしても、どこかが大幅にはみ出ていたのだろう。

自己否定の果てに得たものが、集団からの排除と他者からの非難だとしたら、
いったい自分は何のために己を圧殺してまでこの世界に居続けたんだろう。

自己肯定の欠如
自己否定の結果としての疎外

現在の僕は社会的には「居ない者」だ。
風景に等しい、ただ「数」としてだけそこにある。
日本の人口の、頭数として。
「数」に『個』は不要だ。モブ、エキストラ、それ以下。

【個】と【特別】はイコールじゃない。
何も特別な存在じゃなくっていい、特段優れた何かを欲したわけじゃない。

僕が僕でいることだけ欲したのに。
世界が拒絶する「僕」のために、僕は世界から退場したい。
スポンサーサイト