FC2ブログ
2018_04
26
(Thu)22:23

世界との境界線

引きこもりライフ、2年目。
他人と会わず、ネットでも他者と接することをやめた
外出するのは月イチの通院ていど、コンビニすら行かない日々
まさしく「社会からログアウト」状態。

誰の視界にも僕は居ない。外に出ないんだから当たり前だ。
誰とも僕はつながっていない。モバイルやPCに、他人の連絡先は入っていない。
もちろん、誰かから連絡が来ることもない。

他者の介入がほぼ無い日常は、まあまあ緩やかだ
僕にとっての「社会」は、ずっと前からそうだったように、
窓の外に展開される「触れられない世界」だ。

例えばTVを観ながら相槌打ったり突っ込んだりしたところで、誰にも届かない。
相手からの反応などあるわけがない。
僕が日々見ている「世界」は、TVみたいなものだ
介入できない、関われない、声が届かない、存在を認識されない。

目に見えない境界線がある
「世界」に関わろうと一歩踏み込めば、即座に拒絶される。


スポンサーサイト