FC2ブログ
2018_06
18
(Mon)01:10

花鳥風月はバランサー説

昨日、浅草九劇での『ナイゲン』楽日
冨坂さんをはじめアガリスクメンバーがあちこち別動隊みたいに動いていたのも一段落?
ツイッターの外側から(アカウント不所持)ナイゲン関連の投稿をつまみ読む。

前回の記事ではどうしてもどさまわりにフォーカスが笑
いや、だって、高校時代にどさまわりに実際出会ってたら
間違いなく舎弟になってたはずだ。

どさまわりに共感/共鳴/のち心酔/からの粛清で落命←ここまで一連の流れ
…共産主義デスカ(ガクガク

どさまわりの主張が何でこんなにも異端視されてしまうのか、
他者の賛同を得られないのか
どさまわりを異端視してない(できない)僕なりに脳みそをひねった。

キーマンは、花鳥風月なのか。

1年前のナイゲン経験者として、花鳥風月の存在は大きい。
彼とどさまわりの最大の違いは、
花鳥風月が「勝つことよりも負けないこと」を重視していたことだ。

節電エコアクションという、学校から押しつけられた発表内容
押しつけられた、という事実は置いて
一般公開できないという「敗北」を喫するよりは
発表内容を改造して、やりたいものに変えることで
「学校からの押しつけを受け入れはしたが、全員参加の文化祭であることは死守した」
花鳥風月曰く「誰も損してない」。

どさまわりは、「負けないこと」が大事だなんて当然考えなかった。
自主自立を脅かすものには抗って且つ勝たねばならない、と。
でも、賛同して戦おうという者はいなかった。

花鳥風月は「学校の誰も、反対なんて望んでないんだ。みんなは文化祭がやりたいだけだ」
文化祭がやりたい―これが言わば民意だし、だとすればナイゲンメンバーのやるべきことは、
「文化祭を開催できるように全力を尽くすこと」。
学校と戦うことではない。
少なくとも、あの時点では。

何度でも言うけど、どさまわりの過ちは自分の主張を出す場を間違えたこと。
ナイゲンは文化祭の中身について話し合う場で、
その枠組たる文化祭の在り方について話し合う場ではない。
「在り方」の話をするのなら、生徒会に提議するなどの手段で
それこそ「国府台かくあるべし」を討論する場を作ればよかった。
…実際の国府台高校を全く知らないから、このあたりは憶測から導いた意見だけど。

スポンサーサイト