FC2ブログ
2018_09
24
(Mon)20:17

言葉の飛距離を伸ばす

こんばんは、まだまだ神様(的存在)からの召還が届かない僕です

2018年7月26日、相模原市やまゆり園での事件から2年経過。
どれだけショッキングなセンセーショナルな内容の報道でも、2年待たずに忘却の彼方
―流行に弱く、古くもないのに忘れ去るのが得意技の、この国ではありふれた話。

特に人々に知らしめたい、などとは思うことなく送ったメールが
とある雑誌に掲載の運びとなって、僕はびっくりした

ちょっと前に発売されたから、書店では書棚からなくなっているだろうけど
ブログURLをふんわりと載せる(僕の文章自体は誌上のみ)

月刊「創」10月号ブログ

どれが僕の書いた文章かは、まあすげー分かりやすいので…笑
投書のひとつとして載せて頂いてるのだが、まさか全文・修正一切なしでゴッツリ来るとは
僕は…びっくりした(2回目)

ああいうものは、出版の常として見栄えよく直しが入れられるもんだと思っていたのだ。
メディア=盛るか削るか厚化粧は必須
つまりはそれほど強くメディアに対して不信と侮蔑があったし、
それがさほど間違いでもない事例ばかり見てきた。

…悪口雑言は置いて、何の間違いか掲載して頂いたことには変わりがなく、
僕の言葉が、思うよりは飛距離を伸ばせたことだし、
言わば補助輪をつけて貰ったようなものだ
そのことに、感謝を。
遺言なんて大げさだけど、公の場所に残す言葉としてはまあまあではないかな。

スポンサーサイト