FC2ブログ
2019_01
14
(Mon)01:33

不在という自由

自由になるというのは、ひとりになるということだ。
実際に他者を遠ざけるのかどうかは置いて、
己のあらゆる価値観や判断に、他者が全く介在しないことだ。

気遣い、忖度、思いやり、配慮、尊重…
そういった、他者の存在を意識した発想やその方法論を全て己の裡から消し去ること。
煩わしいそれらから、自分を解き放つこと。
「他人のことを考える」という、言わば自分を押し殺す倫理を棄てること。

他者を棄てる。社会を棄てる。
つまり承認と所属の義務を放棄する。
この時点で実は、そこそこの自由を手にしていると言える気がするのだ。
だって、

せいせいしてるから。

何十年も抱えさせられてきたクソ重苦しい荷物を思い切り放り出したんだから、
そりゃ、せいせいするだろうよ。
自分で言うのもなんだけど、排除された側なのに全く悲嘆も無く寂しいとも思わずなので、
(とうの昔にだけど)人間性を棄てたことをいよいよ剥き出しにしてるなあと言わざるを得ない。

ひとを棄て、場を棄てた。
自由まであと少しだ。

進撃の巨人でいちばん思い入れあるキャラがエレンであることからも、
己の人でなしぶりが窺えると感じるこの頃。
てか、エレンがエゴイストだと全く思わない。あの子は自由を求めてるだけだ。
連載当初からその辺は一貫している。
あいつの倫理ヤバいとかエゴイストとか、ままある意見だけど、
それは他人とつながりを持つこと前提の価値観だからそう思えるだけだ。
自由とは、あらゆる他者からさえも「解き放たれる」ものだ。
無論、上述の考えが即ちエレンの価値観ズバリではないけれど、
彼の望む自由にそこそこ近いんじゃないかと思っている。

スポンサーサイト



«  HOME  »
  敵は