FC2ブログ
2019_01
27
(Sun)00:12

矛盾と葛藤を抱える

25日から恵比寿・エコー劇場で上演中の『わが家の最終的解決』再演。
1年経つんだなあ。
アガリスクの本公演を、もう2作観ていない。
コントレックスに至ってはいつから観てないのか分からない。
ネットでうっかり評判を見てしまい(どうせいつかは見つけてしまうけど)
わが家の…!!!!!主演がコータさんとか…!!!
その他全ての情報が、僕に劇場へ行けと言わんばかりだ。

行けないけど。行かないんだけど。
…本当に往生際悪すぎるし、未練が酷いよ、我ながら。
でも前言撤回できるわけもない。
自分がもう劇場や観劇という環境や状況に耐えられない以上、
観たいという願望だけで無理を押すのはただの迷惑行為だ。

上記ふたつの理由の背景には、
「二度と他人にかかわらない、接しない、僕は誰にとっても居ないんだから」
という鉄の掟がある。
物理的に視界に入らなければ、ギリギリセーフかな。
蟄居スタイルが日常として根付いてきた現状、
他人にかかわりを持つことは本気でタブーだから。

チケット代を出さない以上、いわゆる「客」の定義からは外れる。
物販や通販で台本などを購入することがあったとしても、
それらはそもそも劇場で公演を打つ、興行として成功を収めるという前提があるから
生じる団体の収入源だろう。
一時期「差し入れ持ってくるより新規の客連れて劇場に来い」という趣旨のツイートを見て、
正論だけどどうよソレは、ともやもやしていた。
この頃はもやもやしない。
「客」でなければならぬ、というルールから離脱すれば問題ないのだ。

金銭面で貢献しなきゃ、と思うから罪悪感に苛まれる。
自分ひとりのチケット代なんか、誰かががっつりカバーしてる。
ファン層だって不動じゃない。世代・客層の交代や入れ替えは当然ある。
「自分ひとりが観なくても大して変わんないでしょ、興行として」ではなくて、
「自分が観に行くのは迷惑行為だ」という確信がある。

…大丈夫だ、一過性の痛みだと思ってやり過ごせ
他人に近づく、それだけのことでも、ルール違反だ。

スポンサーサイト



«  HOME  »