fc2ブログ
2019_01
27
(Sun)19:49

片手落ち

相対する物事や意見がある。AとBみたく。
Aを支持する、Bを支持する、どちらを選ぶも各人の勝手。
誰にもAを支持する自由があるのと同様に、Bを支持する自由もある。
そしてAを批判する自由があるように、Bを批判する自由がある。

所謂「Aを好きという自由があるなら、Aを嫌いという自由がある」というヤツだ。

でもそれは、好きと言う前にも/嫌いと言う前にも、
「自分と反対の主張をする者を貶めない、否定しない」
「好き/嫌いは、あくまでその物事や現象について語るものであり、反対意見者に対する誹謗の材料にしてはならない」
という前提を踏まえてこそ有効たり得る「自由」だ。
自由とは、いつでも自分と考えを異にする者のための自由だ。
――ローザ・ルクセンブルクが言っているように。

Aを好きでも嫌いでも勝手だ。Bも同様に。
自分がAを好きだからと言って、Bを好きな者・Aを嫌いな者に向かって
「Aを好きじゃないなんておかしい、Bが好きとかあり得ない」と謗るのは、
もう意見の主張なんかじゃなくて単なる誹謗だ。
それ以前に、好き嫌いの話でさえなくなってる。
好き嫌いはAやBに対して抱く意見であって、各々意見を述べる者への攻撃材料ではない。

また、好きと言うのは良くて、嫌いと言うのはダメと封じるのも理不尽だ。
AやBを嫌いというのが事実だとしても、それ即ちAやBを好きな者をも不快だとする主張には直結しない。
別の表現をするなら、AやBを嫌いだと主張するのなら
「AやBを好きな者が嫌いだという主張ではなく、またそれらを好きな者に攻撃する意図はない」
ことを前提にするべきだ。

相対するものがあるとどうしてもどちらかを選び、選ばなかった片方にも思うところが生じるけれど、
ならば片手落ちにならないようにしないと、一方的に言葉をぶつけるだけの争いになる。
スポンサーサイト